山里亮太、新型コロナ感染で療養のしずちゃんを慮る「悔しいのもあるだろうけど」

山里亮太、新型コロナ感染で療養のしずちゃんを慮る「悔しいのもあるだろうけど」

1月13日深夜放送のTBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』に、南海キャンディーズ・山里亮太が出演。新型コロナウイルス感染により療養中の、相方のしずちゃんこと山崎静代の現状を明かした。

【別の記事】南キャン山里、結婚発表前の発言の真相告白「匂わせですね」

番組の中で、山里は、山崎が新型コロナウイルスに感染したことに触れると、「ご心配くださった皆さん、ありがとうございます」と感謝を述べつつ、「今、ちゃんとですね、いろんな指示の元、しっかりと治す方向に向かってまして」と、山崎の現状を述べた。

続けて、「連絡も取り合ったりとかしてるんで」「“腹が減った”みたいなのが来たら、奥さんと一緒に食べ物を届けてみたり。まあ、接触しないようにね、上手いことやったりとかして」と説明。

さらに、山崎が、舞台に出られなくなってしまったことを謝ってきたと明かした上で、「相方、今、漫才熱が高かったから。“頑張らなきゃいけない”つって」と語った。

そして、「新ネタをね、ずっと書いてて。頑張ろうってしてて、“漫才やりたいんや”みたいになってる状態で、できないってことは悔しいのもあるだろうけど」と山崎の気持ちを慮りつつ、「今は何より体調を治すことが第一ですから、ということで、休んでる状態ですけども」とコメントした。

関連記事(外部サイト)

×