ファーストサマーウイカ、“人間性が出た”アイドル時代のエピソードを明かす「仲間見捨てるんだ、って…」

ファーストサマーウイカ、“人間性が出た”アイドル時代のエピソードを明かす「仲間見捨てるんだ、って…」

2月3日深夜、テレビ朝日系『お願い!ランキング』にファーストサマーウイカが出演した。

【別の記事】ファーストサマーウイカ、自身の給料事情を明かす「普通の会社員の人と…」

番組の中でウイカは、アイドル時代に自身のライブの帰りの時間とスポーツの試合で日本が勝利したタイミングが被ってしまったことあり、渋谷の街が混雑していたと切り出す場面があった。

ウイカは、「センター街が人が、それこそ『ウォーキング・デッド』みたいにブワって溢れてきた時に『ヤバイ、今帰らないと電車やばいことになるぞ』って言って、ワーッて急いで(駅に)行ったんですよ」と、当時の状況を説明。

続けて、キャリーバッグを持っていた後輩の1人から先に行くように促されたとして、「一緒に(荷物)持って『一緒に行こう!』って言えばいいのに、『ごめん!じゃあ!』っつって置いて帰った時に、ゾンビの群れみたいなのに後輩が埋もれていって…」と、街の人々をゾンビに例えつつ、後輩が埋もれていってしまったと回想。「私、仲間見捨てるんだ、って思って」と心境を振り返ってスタジオの笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)

×