「ぼくはかわりたくない」りゅうちぇるが突然の意味深ツイート? さまざまな反響寄せられる……

りゅうちぇるが意味深ツイート?「ぼくはかわりたくない」

9月26日、タレントのりゅうちぇるがTwitterに意味深ともとれる文章を投稿。ネットで注目を集めている。

ぼくはかわりたくない

? ?Prince Ryuchell? (@RYUZi33WORLD929)
りゅうちぇる Twitter

同日、りゅうちぇるは突如「ぼくはかわりたくない」とツイート。普段はSNSで可愛らしい絵文字とともに軽快な文章を多く投稿している彼だが、同エントリーは一言のみ、かつ強いメッセージが込められているようで、なんだか意味深にもとれる。

タトゥーについて賛否両論が巻き起こるなか、自身の思いを表明

りゅうちぇるは妻でタレントのぺこと、7月に生まれたばかりの息子・リンク君の名前のタトゥーを腕に彫ったことをSNSで報告。これについて賛否両論が巻き起こり、さまざまな著名人が自身のタトゥーについての見解を明かすなど話題を呼んでいた。そんななか、りゅうちぇるは8月にInstagramで自身の考えを表明。タトゥーを入れた理由について「結婚して、子供がいつかできたら、家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました」「この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。なので、この体に、大切な家族の名前を刻みました」と綴り、「僕も色々こうしてSNSで発信することが怖いときもあります」「だけど何かにおびえて何もせずに生きててもこの社会は変わりません。世の中への思いや、変えていきたいことを どんどん発言、発信していかないと何も変わらないんです。だから、今回も勇気を振り絞りました」と真摯な思いを明かしていた。

さん(@ryuzi33world929)がシェアした投稿 -

りゅうちぇる Instagram

今回のりゅうちぇるの投稿がこの騒動を受けてのものなのかは定かではないが、彼のなかに揺るがない意志があることは明白。ファンからは「どうしたの?」といった心配の声のほか、「自分は自分らしくで良いと思います」「りゅうちぇるさんの生き様に励まされてきました。かわらなくても幸せは作れるんだと、どうか証明していってください」「そのままで素敵ですよ」と、さまざまな反響が寄せられている。

耳マン編集部

関連記事(外部サイト)