メンバーやマネージャー、みんなの優しさが嬉しかった高松編『ナカジマノブ(人間椅子)のご当地フォルムカードマスターへの道』第5回

ドラマー界随一ともいえる(!?)コレクター、ナカジマノブが日本全国のキュートな“ご当地フォルムカード”を収集し、ご当地フォルムカードマスターを目指す連載。しかも、集めたカードは毎回誰かに送っちゃいます!


第5回:メンバーやマネージャー、みんなの優しさが嬉しかった高松編


晩夏のツアーに足を運んでくれたみんな、ありがとう!

イエーイ! ドラムやってます、ナカジマノブです。『恩讐の彼方〜人間椅子2018年晩夏のワンマンツアー』全国に足を運んでくれたみんな、ありがとう! 今回のツアーはリリースタイミングではなかったので、メンバーで曲順を決めるときに「普段あまりやらない曲で構成して、全国のみんなに喜んでもらおう!」という思いが一致して、その言葉どおりレア曲三昧のツアーになりました!

もちろんおなじみの曲も交えつつだったんだけど、ツアー前の練習に特に気合いが入ったぜー! プログッレシブな難曲は、やりがいがあったねー! ツアー各地で演奏を重ねていくとやはりだんだん進化もしていくんだけど、初日のほうの緊張感もまたたまらない。実は『ダンウィッチの怪』の中間部で俺が演奏したカリンバは、1ヶ所も同じく演奏した場所はないよ! 全国各地がオリジナルメロディ! イエーイ! 各地に来場してくれたみんな、そして各地のライブハウス、スタッフ、関係者のみなさん、ありがとうございました!

同ツアー中も、全国の郵便局に行ってきたぜ! 各都道府県のお国自慢や代表する食べもの、名所なんかをかたどったポストカード『ご当地フォルムカード』を集めてきたぜ。イエーイ! 今回はそのなかから、四国編をご紹介します!

メンバーやマネージャー、みんなの優しさが嬉しかった高松編

さて、天気の関係で移動が心配だった博多〜高松間。瀬戸大橋は通行止めになっていたので、少し手前のしまなみ海道で渡ることに。しまなみ海道は車窓からの眺めも、とっても素敵でした!

前回(※第4回参照)にも書いたけど、今自転車にも興味があって、どんどんハマりそうなんだよね〜。しまなみ海道はサイクリングコースとしても有名なんだね。今度挑戦してみたいな!

四国に入って愛媛県内を少し一般道路で進み、次の高速道路の入り口まで走る。一般道………ということは、郵便局の近くを通るかもしれない! こんなチャンスは滅多にない! よし。さっそく、iPadで調べてみよう。

……あった! 5分くらい走ったところに、今治国分郵便局が! でも今の時刻は16時50分。間に合うか? それに天候も心配だから、行けるうちに先を急いだほうがいいよな〜……。みんなに相談してみよう!

俺「……あのう、ちょっと寄りたいところが……」
バッサン(マネージャー)「あっ。ノブさんもしかして、あれですね! 今調べてたでしょう(笑)」
和嶋くん「あー、近くにあるならせっかくだし寄りましょう!」
研ちゃん「17時までだから時間がぎりぎりだねー。急ぎ目で行ってみよう!」

なんと、みんな細かくしゃべらなくても郵便局だとわかってくれていた! ……というか、俺が行きたいと言い出すのを予想してたのか!? 俺の趣味のために……みんなありがとう!

時間ギリギリ、16時55分に到着!

俺「みんな、すみません……急いで行ってきます!」
みんな「行ってらっしゃい!」

なかに入ったらすぐに見つけられた! イエーイ!

俺「すみません、ご当地フォルムカードを下さい!」
局員さん「はい。今在庫があるのが少なくて、大きい郵便局にならもっとあると思いますのでご案内しましょうか?」
俺「うおー、嬉しいお言葉! でも時間がないので、こちらで買わせていただきます!」
局員さん「お急ぎなんですか? 天気もあやしいので気をつけてくださいね」

と時間を見たら16時59分。急がないと! あたふたしていたら、局員さんが「時間を気になさらないで、ゆっくり書いてください」と! 局員さんは、みんな優しいな〜(しみじみ)。恋をしてしまいそうだ……。

というわけで、愛媛の“鯛めし”をゲット! 湯気もたってて、なんとも美味しそう。

車に帰るとみんなちょっと退屈そう……。みんな、ありがとう! 俺の趣味に付き合ってくれて! そうだ。今度こっそりみんな宛にフォルムカードを発送して、お礼を書こう!

さてさて、一行は無事に次の公演の地、高松に入りました。翌日、昼ご飯を食べようと大好きなうどん屋さんに行ってきた。これが、もう最高! もっちもちのうどんに、鳥天とちくわ天がまたよく合う。ネギと天かすをたっぷりかけていただきました。うまい、うますぎる!

帰り道、うどん店のすぐそばでパンダの描かれた戸板を発見。思わずパチリ! そしてすぐ足下には、渋いマンホールの蓋! 顔を上げると、基地のような小さいスペースに、琴電の車両が停めてあった。 なんか琴電って、イモムシみたいで可愛いよね! あっ、写真は安全確認して踏切の外から撮りました。

もちろん郵便局も行ってきたぜ。高松花園町郵便局!

こちらには全種類そろっているとのこと。わざわざ全種類出してくれて、どれがいいか見せてくれました。ありがとうございます! さーて、どれにしようかな……。

お! ついさっき見た高松琴平電気鉄道と、うどんのフォルムカードがあるじゃないか! あとはパンダのやつがあれば……って、ないよね(笑)。さっそく記入させてもらいました。

風景印もあるということで、お願いしました。さーて、帰宅が楽しみだー!

風景印を押してもらうときの注意ポイント&読者のみんなからの素敵なおたより

帰宅して数日後……届いた!

やっぱり手紙が届くと嬉しいなー! いろんなことが思い出せる。あぁ、この愛媛のときはみんなが協力してくれて嬉しかったな〜とか、ちょっと退屈な思いさせてしまったかな……とか。うどんがすんげー美味しくて、琴電も可愛かったな〜とか。

そうだ、今回はひとつ勉強になったんだ。それは、風景印があるところで送るときは、押してもらうために風景印用のスペースを空けておくということ! 空けてないと今回のように切手の上になってしまって、ちょっと見にくくなってしまうから要注意!

今回は愛媛県のご当地フォルムカード・鯛めしと、香川県のご当地フォルムカード・高松琴平電気鉄道と、うどんをゲット! これまでに集めたご当地フォルムカードは21枚。残すところ、あと402枚でご当地フォルムカードマスター! イエーイ!

そして今回も、読者のみんなからの素敵なフォルムカードが届きました。なんと36枚も! 素敵な切手を選んでくれて、風景印があるものも。土地の話や美味しい食べものの話、ライブの感想やメッセージ、そしてイラスト! 本当に嬉しい! みなさん本当にありがとう!!
(※編注:このほかにも編集部には随時たくさんのカードが届いています。お送りいただいているのに今回載せられなかった方、申し訳ありません。次回以降も届いたものはすべてノブさんにお渡しします。みなさま本当にありがとうございます!)

1度には紹介しきれないので、今度みんなから届いたフォルムカードの特集をさせてもらおうかなー! また、抽選のうえ数名のみなさまに俺自筆で返事を出します。もちろんフォルムカードで! 抽選の発表は発送をもって代えさせていただきます。

で、今回も俺宛に届いたご当地フォルムカードもカウントに入れさせていただきます。今回みんなから届いたご当地フォルムカードは36枚。これまでに集めたものと同じカードをはずすと、33種類が新しいカードでした!

この33枚をプラスすると、これまで集めたご当地フォルムカードは54枚! 残すところ、あと369枚でご当地フォルムカードマスター!

ルールのおさらい!
★基本はその土地に足を運んで購入する。
★インターネットなどで手に入れない。
★気に入った記念切手を貼って、自分宛もしくは誰かに宛てて発送する。
★編集部に届いたみんなからのカードはカウントOK!

イエーイ!

さー次回はどんなカードが待ってるかな〜? そろそろ、ちゃんとデータ化しよう!

お知らせ

全国の読者のみなさんから、ご自身が住んでいる土地や旅先でゲットした“ご当地フォルムカード”を募集します! 締め切りはありません。ご当地フォルムカードにその土地の良いところやお国自慢、旅の思い出、ノブさんへのメッセージなどを書いたうえ、ご住所・お名前・ペンネームを記入して下記の宛先にお送りください! おひとりで何回出しても大丈夫。素敵なおたよりは連載内でノブさんがご紹介してくれるかも!? 抽選でお返事のフォルムカードも届いちゃうかも!?

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
株式会社リットーミュージック 耳マン編集部宛


人間椅子、初のMV集を4月4日にリリース!

人間椅子『おどろ曼荼羅〜ミュージックビデオ集〜』 ジャケット

『おどろ曼荼羅〜ミュージックビデオ集〜』2018年4月4日発売
Blu-ray/TKXA-1119/3,704+税
DVD/ TKBA-1251/2,778+税

全16曲を収録! ※()内は、オリジナル作品リリース年
『りんごの泪』(1990)、『夜叉ヶ池』(1991)、『ギリギリ・ハイウェイ』(1995)、『ダイナマイト』(1995)、『幽霊列車』(1999)、『怪人二十面相』(2000)、『見知らぬ世界』(2001)、『東洋の魔女』(2003)、『洗礼』(2004)、『品川心中』(2006)、『浪漫派宣言』(2009)、『なまはげ』(2014)、『宇宙からの色』(2014)、『恐怖の大王』(2016)、『虚無の声』(2017)、『命売ります』(2018)

詳細は人間椅子オフィシャルサイトをチェック!

人間椅子の公式LINEアカウントがスタート!

詳細はこちら

ナカジマノブ(人間椅子)

1966年生まれ、東京都出身。多数のバンドでドラマーとして活躍し、2004年に人間椅子に加入。ドラマー界きっての食通であり、特に好きな食べ物は肉とエビ。日野日出志やアンティークウォッチ、スニーカーなどさまざまなアイテムの収集癖を持つ。ダム巡りも趣味のひとつで、ダムカードも集めている。愛称は「ノブさん」「アニキ」。

関連記事(外部サイト)