リスペクト伝わる笑顔……那須川天心&堀口恭司の2ショットに絶賛&興奮の声

記憶に残る激闘

9月30日に開催&テレビ放送された格闘イベント『RIZIN.13』で激闘をみせた那須川天心と堀口恭司。試合後、那須川がTwitterに堀口とのツーショットをアップし、大きな反響を呼んでいる。

RIZIN13
なんとか判定で勝てました。
堀口さんのお陰で日本を盛り上げられる試合が出来たと思います。
本当に感謝しています。
選手として、人として物凄く強かったです。
ありがとうございました。
やっと日常に戻れます。

? 那須川 天心 (@TeppenTenshin)
那須川天心 Twitter

“キック界の神童”と呼ばれる那須川と無類の強さを誇るRIZINのエース・堀口との世紀の一戦は、かつて行われた魔裟斗vs山本KID徳郁戦の再来、もしくはそれ以上の好カードとして大きな注目を集めていた。試合は堀口がキックボクシングのルールを引き受ける形で行われ、那須川有利の声も多いなか、最終の3ラウンドまでもつれて判定に。判定の結果、終盤にたたみかけをみせた那須川が勝利したが、王者と呼ぶにふさわしいふたりのハイレベルな戦いは記憶に残る素晴らしい試合となった。

「選手として、人として物凄く強かった」

試合後のインタビューでも互いにリスペクトし合うコメントを残していたが、那須川は改めてTwitterに堀口とのツーショットを掲載。「なんとか判定で勝てました。堀口さんのお陰で日本を盛り上げられる試合が出来たと思います」と試合を振り返り、「本当に感謝しています。選手として、人として物凄く強かったです。ありがとうございました」と拳を交え合った堀口を改めて讃えた。

笑顔あふれるふたりの写真には「今まで1番楽しかった」「二人ともお疲れ様でした?」「今年一番の興奮だった!」「面白い試合でした!!!」といった絶賛の声が殺到。「またこの2人の試合が見たいです!」と、ふたりの再戦を願う声も多数寄せられている。

耳マン編集部

関連記事(外部サイト)