黒柳徹子、特殊メイクのグラマラスボディは「触らせて差し上げました」!

挑発するよう前屈みポーズ!

女優の黒柳徹子が、胸元がパックリ開いたセクシードレスを着た写真を披露した。舞台でアメリカのセックスシンボルだった大女優役を演じた黒柳は、知人にその胸を触らせていたらしい!?

さん(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 -

黒柳徹子 Instagram

12月14日、黒柳が2002年に上演された舞台『ブロンドに首ったけ』出演時の2枚の写真をInstagramにアップした。1枚目は、全身ピンクのド派手なドレスに身を包んだもので、グラマラスボディが印象的。2枚目は、これでもかと胸元が開いたドレス姿で、大きすぎる胸が今にも飛び出しそう。さらに黒柳は少し前屈みで胸を見せつけ、カメラを挑発するようなポーズを決めている。

ダイナマイトボディは特殊メイク

普段から着物を着こなす清楚な黒柳だけに、この写真のインパクトは大。しかし実はこれ、アメリカの大女優でセックスシンボルでもあったメイウエスト役を務めるための特殊メイクだった。黒柳は同投稿で、舞台を観に来た知人が楽屋を訪れた際、「みんな必ず『胸は、どうなってんの?』『触ってもいい?』と言う」と当時の舞台裏を明かした。そのたびに黒柳は胸を触らせていたそうで、「みんな、本当に胸が好きなんだなぁ!」と振り返っている。

ネット上では、「本物かと思いました!」「そんなグラマラスボディが似合うのがすごいです!」「ちょっと触ってみたいです!」「とってもお似合いです!」「これ出来るの徹子さんだけでしょ!?」といった反響が寄せられている。

HEW

関連記事(外部サイト)