すべてがウソから出たマコト!? タイトルの言い間違いから生まれた『荻窪選手権』【眉村ちあきの「歌詞の解読は趣味じゃないし」】第8回

メジャーデビューアルバム『めじゃめじゃもんじゃ』は5月7日が発売日だけど、GWの関係で4月26日に店着次第発売開始! いよいよメジャーシーンに躍り出た“弾き語りトラックメイカーアイドル”眉村ちあき。ほぼフィーリングで歌詞を考えているという彼女に、あえて歌詞について語ってもらうコラムをお願いしちゃおーっと!


第8回:楽曲という枠を飛び越えた『荻窪選手権』


第8回のテーマは『荻窪選手権』。バスを1台貸し切った“バスジャック”ライブや、無人島でのライブ、地引網をひくマユムラー(眉村ファンの愛称)を歌って応援するライブなど、ユニークなイベントの数々でも知られる眉村。ダンサブルなサウンドが魅力の『荻窪選手権』は、楽曲という枠を飛び越えてリアルイベントとしても開催された。

その後、『荻窪選手権』で優勝すると骨折して職を失うジンクスが生まれた(本当)

眉村ちあきの、ナイル川の左端くらいに『荻窪選手権』がいます

どうもこんにちは、ち、です。さっき3年ぶりくらいに美容院に行ってきました。美容師さんに「髪が海苔みたいだね!」と言われた! 今日も元気いっぱいだね!

それはそうと、みなさんは“言おうと思ってたことと違うことを言ってしまった経験”はありますか? たとえば「先生」と言おうとして「ママ」って言っちゃったり、リンゴのこと考えてるときにひじを指差して「ここは?」と聞かれて「リンゴ」と言ってしまったり。脳と体はつながっているんだな? たしかに何かをしゃべりながら文字を書こうとすると、しゃべってる言葉につられて誤字をしてしまうことあるよね!

それと同じで、ミュージックをプレイする側の人間も曲タイトルを間違って言ってしまうことがあります。それは、ニッポン放送の『金曜ブラボー。』(※1)という番組で生ライブをさせていただいたときのことでした……。私は『ピッコロ虫』と曲紹介したかったんですが、ついつい『荻窪選手権』と言ってしまいました。そのとき『荻窪選手権』という曲はまだこの世に誕生していませんでしたが、その言葉の不思議な語呂のよさにリスナーは胸を打たれ、みんなが感動しました。私は、「せっかくだからこの実在しないタイトルを、実在させてしまおう!」と思いました。そして、2018年8月4日に開催した新宿ロフトワンマンライブにて新曲『荻窪選手権』が発表されました。
(※編注1:タレント・望月理恵とフリーアナウンサー・上柳昌彦がパーソナリティを担当していたラジオ番組。眉村も頻繁にゲスト出演した。リニューアルして、2018年10月からは『大橋未歩 金曜ブラボー』として放送中)

『荻窪選手権』はその後、ライブでは定番のようにセットリストに入れられました。いい曲! とくに中盤の「tsukigadetadeta」(※2)部分ではお月様に向かってみんなで祈るという行為がされるので、初見の注目を一気に集められる。『荻窪選手権』で初見をひきつけ、その次の曲でがっつり歌を聴いてもらう! このコンボはよくやる手法です。“振り幅はナイル川”がモットーの眉村ちあきの、ナイル川の左端くらいに『荻窪選手権』がいます。
(※編注2:炭坑節のパロディパートがあり、眉村と観客達が一体になって踊る。眉村を初めて見る観客たちは、少々照れながら踊りに加わる)

このとき私は、ブラスのサウンドを使った曲が作りたいなと思っていて、参考にさせていただいたのが、在日ファンクさんの『爆弾こわい』という曲でした。1回聞いて、ファンクの歌い方とか間奏の雰囲気、ファンクのBメロってどんな感じなのかなどたくさんオマージュしました。

第1種目は、『コショウ鼻から吸い選手権』でした

ところで、うっかり口にしたタイトルを現実にするために作った『荻窪選手権』ですが、この選手権自体を実現するために、本当に去年の冬に荻窪選手権を開催しました! 場所は山梨でした。

まず朝に集合してラジオ体操をしました。そして400メートルのジョギングを含めたアップ。待望の第1種目は、『コショウ鼻から吸い選手権』でした。ルールは単純で、時間内にコショウを一番鼻から吸い上げた人がポイントをもらえます。みんな涙目になりながら吸ってました。第2種目は、『穴掘り選手権』。時間内にどこまで穴掘れるかを競う種目です。掘多賀理という人だけブラジルまで掘ってましたが、帰ってこなかったので脱落にしました。第3種目は『ヨシコ選手権』です。名前がヨシコの人が優勝です。そして最後の種目、『仏ごっこ』です。大天使の心を持つ私が、誰が一番精神統一してるかを判断して勝者を決めます。

このようにハードな種目が続き、すべてが終わった頃にはみんな疲れきっていました。しかし、大きな達成感に包まれてみんなの心が輝き、青春が蘇りました。学生時代の体育祭でも思い出したのでしょうか。最後に私が、「どーれーにーしーよーうーかーな」を行い、優勝者を決めました。

意味のないことを全力でやったら、意味がある気がして! 来年も開催しような! ふるってご参加ください。

『眉村ちあき 「荻窪選手権」MV』


(編集:原田イチボ@HEW)

リリース情報

初全国流通アルバム『ぎっしり歯ぐき』が、2019年1月9日より発売中! さらにTOY’S STOREでグッズの取扱も開始!! 5月7日にメジャーデビューアルバム『めじゃめじゃもんじゃ』も発売!!!

『めじゃめじゃもんじゃ』(通常仕様) ジャケット

ライブ情報

全国ツアー『CHIAKI MAYUMURA 1st Tour めじゃめじゃもんじゃ』

【終了】4月28日(日)@大阪・OSAKA RUIDO  open18:00/start18:30
【終了】4月29日(月)@愛知・名古屋APOLLO BASE  open18:00/start 18:30
・5月19日(日)@宮城・仙台spaceZero  open17:30/start18:00
・5月25日(土)@福岡・graf  open18:00/start18:30

6月4日(火)『眉村ちあき 3rd ワンマンライブ〜東京湾へダイビング!〜』@東京・新木場 STUDIO COAST

眉村ちあき

まゆむらちあき●1996年9月12日生まれ、東京都出身。株式会社・会社じゃないもん代表取締役社長。"弾き語りトラックメイカーアイドル"として、全楽曲の作詞・作曲・編曲を自ら担当している。2018年9月、トイズファクトリーと晴れて正式契約を結ぶ。講談社主催のオーディション『ミスiD 2019』にて、『ミスiD 2019』と『クリエイティブは最高に優雅な復讐である賞』、『家入一真賞』のトリプル受賞を果たす。ソフトバンクのCM『白戸家ミステリートレイン 新米教師(眉村ちあき)篇』、缶コーヒー『ジョージア』のキャンペーンに出演。また、4月よりNHK Eテレの子ども向けバラエティ番組『ビットワールド』のうたのコーナーに“マーメイドちゃん”としてレギュラー出演中。

関連記事(外部サイト)