亀田興毅が具志堅用高に変身!? 大先輩を真似たコラージュに「めちゃ笑った」と爆笑広がる

那須川天心との激闘を終え、チルアウトする浪速乃闘拳

ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅が、7月4日にInstagramを更新。ボクシング界の大先輩である具志堅用高をイメージしたコラージュ写真を披露し、「めちゃ笑った」「興毅君最高ですね」と爆笑を呼んでいる。

さん(@kokikameda)がシェアした投稿 -

亀田興毅 Instagram

6月22日、キックボクシング界の“神童”こと那須川天心とAbemaTVのスペシャルマッチで対戦した亀田。試合は総視聴者数が1000万を超えるなど大きな盛り上がりを見せ、激闘を終えた亀田は完全引退を宣言。平成のボクシング界を盛り上げた“浪速乃闘拳”は、令和の格闘技界を担うニュースターに思いを託してリングを去った。

AbemaTVを運営するサイバーエージェントの藤田晋社長から高級ワインで労をねぎらわれるなど、重圧から開放された日常をInstagramに投稿している亀田。すると7月4日のエントリーでは、ボクシング界の大先輩である名王者・具志堅用高をイジるお茶目な一面を見せた。亀田は「蒸し暑いですね。具志堅興毅です」と綴り、具志堅のトレードマークであるボリューム満点のパーマとヒゲを自身の顔にコラージュした画像を公開。これまた雑に合成したサングラスで目元を隠すと、たしかにその容姿は具志堅そっくり! リング上で見せたむき出しの闘志や激しいファイトとのギャップが、なおさら笑いを誘う1枚になっている。

父・史郎氏が流行らせた「3150」というコメントも

“具志堅興毅”という表現そのままの姿に、コメント欄には笑顔の顔文字とともに「めちゃ笑った」「興毅君最高ですね」「みてたら余計蒸し暑い笑」「普通にウケた」「爆笑」「違和感ない」「似合ってる」といった反応が続出。また、YouTuberとして大人気の父・史郎氏が流行らせた「3150」(最高)といったコメントも無数に寄せられていた。まさかこんな形で亀田家がふたたび人気になるなんて、大バッシングを受けていたころにはとても予想できなかったですねぇ……。

現WBC世界スーパーバンタム級暫定王者の三男・和毅の王座統一戦が7月13日に行なわれるなど、まだまだ現在進行形の亀田家のストーリー。長男の興毅や次男の大毅には、本来の親しみやすいキャラクターをテレビやSNSでたっぷりと見せていただきたいものです!

HEW

関連記事(外部サイト)