「かっこいい!…けど暑そう」大原優乃、地元・鹿児島で勇ましい“女侍”に大変身!

ワンピースにまさかのアイテムを重ね着

女優やタレントとして活躍する大原優乃が、8月1日にInstagramを更新。出身地の鹿児島で、鎧と刀を装備した“女侍”姿を披露した。

さん(@yuno_ohara)がシェアした投稿 -

大原優乃 Instagram

大原は「地元、鹿児島!」と現地で撮影した3枚の写真をInstagramに投稿した。木陰で涼みながら天真爛漫な笑顔を見せる1枚目に続いて、2枚目の写真では突如として“侍”に大変身。鹿児島のシンボルである桜島を背景に、刀を抜いて戦闘に臨むような勇ましいポーズを決めている。鎧ってワンピースの上からでも装備できるものなんですね……!

暑さを心配する声のほか、“百獣の王”武井壮も反応

どんなシチュエーションなのか想像がつかない不思議な絵面に対して、コメント欄には「2枚目笑った笑」「めちゃくちゃ似合ってて可愛い!」「甲冑姿かっこいい!」「可愛い過ぎる武士」「ゆうの侍だぁ〜!」「斬られたい」「島津家家臣、大原優乃殿」といった反響が続々と寄せられた。その一方、酷暑の中での重装備が気になるファンも多かったようで、「かっこいい!…けど暑そう」「2、3枚目暑くないの?」「それにしても暑そうだね」「熱中症に気を付けて!」など心配する声も。また、タレントの武井壮からは「こんな綺麗なんや!」と鹿児島の風景を絶賛するコメントも届いていた。

ほかにも「綺麗な所ですね」「鹿児島行ってみたいです!」といった声が寄せられるなど、大原が炎天下で体を張った甲斐あって(?)愛する故郷の魅力は多くのファンに伝わった様子。今回の帰郷がどういった仕事によるものなのかは明かされていないが、情報解禁を楽しみに待ちたいところだ。

HEW

関連記事(外部サイト)