「夏フェスにおる女子やってみた」尼神インター・誠子のフェス風ファッションが話題に

誠子、暑さ対策万全の“夏フェス女子”に変身

7月末に行われた『FUJI ROCK FESTIVAL '19』や、8月12日に幕を閉じたばかりの『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』をはじめ、今年も多くの音楽好きを熱狂させている夏フェス。そんな中、お笑いコンビ・尼神インターの誠子が「夏フェスにおる女子」のモノマネ(?)を披露し、ネット上をざわつかせている。

さん(@seiko_1204)がシェアした投稿 -

誠子 Instagram

誠子は8月13日にInstagramを更新し、「ロッキンいきたかったけど、いけへんかったから夏フェスにおる女子やってみたよ」と2枚の写真を投稿した。赤いTシャツにデニムの短パン、コンバースのスニーカーというラフな格好に、暑さ対策のタオルやバケットハット、サングラスを装備した彼女の姿は、たしかにいかにも夏フェス風だ。満面の笑みでピースサインをしているところを見るに、夏の屋外ならではの開放感と多少のアルコール、そして大好きなミュージシャンのアクトにテンションは最高潮、といったところだろうか。実際には殺風景な廊下というロケーションながら、なぜかほんのりとフェス感が生まれているのが興味深いですねぇ……。

「いるいる!」派と「こんな子いない」派が対立!?

誠子が披露した夏フェス風のファッションに対して、「いてそーーーー笑」「確かにいそうな感じですなぁ」「いるいる!こーゆー人!」といった賛同の声や、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』に参加したファンからも「そーゆー女子沢山いました(笑)」という証言が寄せられた。その一方で、「ロッキンにはこんな子いない。一昔前かなぁ」「ちょっとちゃう」「居酒屋の呼び込みちゃいますのん?」「ルフィやんか」など手厳しいツッコミも……。また「夏女〜!かわいい!」「かわいすぎ!」「めんこいやん」「せいこさんのインスタ、いつ見ても笑顔で、ほんとに素敵です」といった称賛コメントも数多く寄せられていた。

残念ながら『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』に行くことはできなかった誠子。しかし16日から18日にかけて開催される『SUMMER SONIC 2019』をはじめ、今後も夏から秋にかけてさまざまな音楽イベントが予定されている。実際にフェスに足を運んだあかつきには、ぜひ彼女のリアルな“フェススタイル”をSNSで披露していただきたいものですっ!

HEW

関連記事(外部サイト)