ジャルジャル・後藤、天竺鼠・川原&金属バットとの“ワイプ飯”画像に「メンツのクセが強い」の声

賞レースを賑わすアクの強い面々が集結!

お笑いコンビ・ジャルジャルの後藤淳平が、9月12日に自身のInstagramを更新。天竺鼠の川原克己、そして金属バットの小林圭輔と友保隼平という個性派芸人たちとの交流を明かしたところ、「尖った笑いのヤツしかいない」「メンツのクセが強い」と反響が広がっている。

さん(@junpei_jg)がシェアした投稿 -

後藤淳平 Instagram

「天竺鼠 川原のイベントに金属バットと共に呼んでもらいました! 打ち上げも大盛り上がり!」と、いかにもありきたりな文面で報告した後藤。しかし投稿された画像は芸能人のInstagramにありがちな笑顔の集合写真ではなく、器に盛られたチャーハンの写真の四隅に、各人の顔写真がワイプのように配置された珍妙きわまりないもの。後藤は「ちょっとわかりにくいですが、僕たちは同じテーブルにいます」というとぼけた一文でエントリーを締めくくっている。SNSの使い方ひとつとっても、とにかく笑いに貪欲な芸人魂を感じますねぇ……。

「炒飯殺人事件みたい」「ほんまにご飯行ってますか?」とツッコミ相次ぐ

強烈な個性を持つ芸人たちの集いに、お笑いファンからは「最高のメンバー」「絶対楽しいでしょ」「メンツ最高すぎ」「感動のコラボ」「夢の共演」「尖った笑いのヤツしかいない」「メンツのクセが強い」といったコメントが殺到。さらに「みんなで写ればなんと1枚で済むんですよ!」「炒飯殺人事件みたい」「ほんまにご飯行ってますか?」などのツッコミも相次いで寄せられた。また後藤は以前にも川原と食事をしたさいに同様の画像を投稿しており、あるフォロワーからは「またワイプ飯してる!!」という声があがっていた。

9月21日に生放送される『キングオブコント2019』で、準決勝まで勝ち残っているジャルジャル(決勝進出の10組は当日の生放送中に発表)。また金属バットも初めて準決勝に進出した2018年の『M-1グランプリ』から人気・知名度ともに急上昇しており、2019年は決勝進出も期待されている。そして2004年に結成された天竺鼠は、2019年が『M-1グランプリ』ラストイヤー。秋から冬にかけての賞レースの行方にも注目していきたいところだ。

HEW

関連記事(外部サイト)