松岡茉優、貴重な幼少期の写真に「面影ありまくり」「横顔のライン綺麗すぎ」と称賛続々

主演映画『蜜蜂と遠雷』を想起させる写真を公開

女優の松岡茉優が9月19日にInstagramを更新し、幼少期のピアノの発表会での写真を披露。その美少女ぶりに、称賛の声が続々と寄せられている。

さん(@mayu_matsuoka_koushiki)がシェアした投稿 -

松岡茉優 Instagram

10月4日に公開される主演映画『蜜蜂と遠雷』の宣伝のため、期間限定でInstagramアカウントを運用している松岡。同映画は直木賞・本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を原作に、国際ピアノコンクールを舞台とした若きピアニストたちの物語が描かれている。松岡が演じるのは、かつて“天才少女”と呼ばれ将来を嘱望されたものの、母親の死をきっかけに表舞台から消えたピアニスト・栄伝亜夜。そんな役柄に合わせるかのように、松岡は19日のエントリーで父に送ってもらったという自身の幼少期の写真を公開した。

当時のピアノの発表会について、松岡は「お友達がくれた花束や弾き終わって袖に戻ったときの先生の優しいお顔を覚えています」と回想。純白の衣装に身を包んだ彼女の整った横顔を見ると、やはり幼少期から美少女だったことがよくわかりますね……!

「幼少期からか!わ!い!い!」と絶賛の声

松岡がInstagramに投稿した貴重な1枚に、コメント欄には「え、めっちゃ可愛い美少女」「もう顔ができあがってる」「横顔のライン綺麗すぎ」「幼少期からか!わ!い!い!」などの絶賛の声が殺到。また、「こんなかわいい写真を送ってくれた茉優ちゃんのお父様に感謝しかない……」「貴重なお写真ありがとうございます!」と感謝するファンも続出した。さらに「眉毛とおでこの産毛が茉優ちゃん!」「面影ありまくりですね」といった熱心なファンならではの分析や、「蜜蜂と遠雷の予告で松岡さんの演奏動作と表情がとても綺麗だなと思っていたのですが、ピアノ習ってたんですね!」と納得する声も寄せられていた。

『蜜蜂と遠雷』が公開される10月4日までの期間限定と、あらかじめ予告されている松岡のInstagram。11万人を超えるフォロワーからは「期間限定過ぎても続けてくださーい!」といったメッセージも届いていた。その演技力と飾らないキャラクターで圧倒的な人気を誇る彼女だけに、ぜひなんらかの形でSNSでの発信と交流を続けていっていただきたいものですっ!

HEW

関連記事(外部サイト)