「橋の上に妖精さんが」「20代前半ですか?」安達祐実の叙情的ショットに絶賛の嵐

夏の終わりを感じさせる伊豆・下田での1枚

女優の安達祐実が、9月19日に自身のInstagramを更新。静岡県下田市の観光名所・ペリーロードで撮影した叙情的な写真を披露し、ファンの大絶賛を浴びている。

さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿 -

安達祐実 Instagram

レトロな建物が建ち並ぶ川沿いの小径・ペリーロードで撮影した写真をInstagramに投稿した安達。どこか困ったような表情を見せながらも、「#機嫌がわるいわけではない」「#眩しいといつもこんな顔」「#眩しくなくてもほぼこの顔」と冗談ぽくハッシュタグを添えている。写真全体の印象はというと、色鮮やかなトップスやブルーの髪色が絶好のロケーションと共鳴し、まるで映画のワンシーンのような情緒あふれる1枚に……。年齢を超越した圧倒的な美貌に、思わずため息がもれてしまいそうですっ!

夫の桑島智輝が撮影した写真集『我我』が話題に

どこか幻想的で儚げな安達の写真に対して、コメント欄には「橋の上に妖精さんがいます」「本当に綺麗」「どんな表情でも可愛いという奇跡」と絶賛の声が無数に寄せられた。また彼女の若々しく美しいたたずまいに「え、20代前半ですか?」「JKかな?」「20歳って感じ」「同い年と思えない」など、あらためて感嘆するファンも続出。また下田市が地元だというフォロワーからは、「ペリーロードだ!」「小学生の頃の通学路です」「さっきその辺配送で回ってました!まさかいらっしゃるとは」「ようこそ!」といった歓喜のコメントも届いていた。

安達の38歳の誕生日である9月14日には、夫で写真家の桑島智輝が彼女の日常を撮影した写真集『我我』が発売され、大きな話題を呼んでいる。2015年11月13日の結婚記念日からの約3年間に撮影した1万8500枚を超える写真の中から、厳選した135枚で構成された同作。夫婦であると同時に、一流の撮影者と一流の被写体という関係でもあるふたりによって生み出された珠玉の一冊を、ぜひ手にとってチェックしてみてほしいっ!

HEW

関連記事(外部サイト)