「幼少期からイケメン」「かわいすぎて悶絶」少年・成田凌のサムズアップ姿に注目集まる

『カツベン!』主演の成田凌、幼少期ショットで「よろしくだぜ」

モデルで俳優の成田凌が12月12日にInstagramを更新し、幼少期の写真を公開。その愛らしい姿に「かわいすぎて悶絶しました」「このころから仕上がってる」と反響が広がっている。

(@_ryonarita_)がシェアした投稿 -

成田凌 Instagram

初の主演映画『カツベン!』が12月13日に公開されたばかりの成田。前日の12日のInstagramのエントリーでは「明日公開だぜ よろしくだぜ」と同映画を告知し、幼少期の自身の写真を披露した。紺の甚平をいなせに着こなした成田少年は、流し目ぎみにカメラに視線を送って、自信たっぷりにサムズアップを決めている。整ったはもちろんのこと、いかにも大胆不敵で肝が座った表情をしており、俳優やモデルとしての能力が子供のころから備わっていたことを感じさせる1枚だ。目や口元など、当時の面影が今もしっかりと残っていますね!

「このころから仕上がってる」「もう成田凌だ」の声

なんとも愛らしい“ちび成田凌”の姿に、ファンは「か、かわいい」「かわいいいいいい」「めちゃカワ」「なんでそんなかわいいの?」「かわいすぎて悶絶しました」と大興奮。また「幼少期からイケメンだった」「きまってるね〜」「いい顔すぎんな」「もう成田凌だ」「このころから仕上がってる」とポージングや表情作りなど、すでにその才能が開花していると指摘するコメントも続出した。そのほかにも「高校生時代の写真も載せてください」といった要望や、『カツベン!』の告知に対する「承知したぜ」「絶対観に行く」「朝イチでいきます」といった反応も相次いで寄せられていた。

『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』などで知られる周防正行監督の最新作『カツベン!』で、成田は“活動弁士”を夢見る主人公・染谷俊太郎を演じている。活動弁士とは、サイレント映画全盛期の大正時代に人気を博した語りのスペシャリストのこと。永瀬正敏、竹野内豊、竹中直人、小日向文世といった豪華キャストとともに、主演の成田がどのような演技を見せているのか、ぜひスクリーンでチェックしたいところだ。

HEW

関連記事(外部サイト)