氷川きよし、私服のモノトーンコーデに反響「私服姿カッコイイ」「私服大好き」

14年振りのMステ出演が話題に!

歌手の氷川きよしがInstagramを更新し、カジュアルな私服姿を公開。「私服姿カッコイイ」と反響を呼んでいる。

(@hikawa_kiyoshi_official)がシェアした投稿 -

氷川きよし Instagram

6月6日、氷川はInstagramを更新すると、「14年振りのMステ緊張しましたが楽しかったです!タモリさんともトークさせていただき最高でした!」と自身の14年ぶりの出演が話題となった5日放送の音楽番組『ミュージックステーション』を振り返った。氷川は同番組で英ロックバンド、クイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』の日本語バージョンを披露。気迫あふれる歌声を響かせ大きな話題を呼んだが、同投稿には「みんなありがとう?フレディありがとう!」とクイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーへの感謝もつづられた。

「私服姿カッコイイ」「私服大好き」私服姿にも注目集まる!

コメントとともに公開された自身の写真で彼はカジュアルな私服姿も披露しており、黒系キャップ、ジャケット、マスクと白のインナーでまとめたモノトーンコーデが非常にクール! 手にしている『ミュージックステーション』の箱ティッシュもなんだかお洒落に見えます! そんな彼の投稿には、『ミュージックステーション』での熱唱を称賛する多くの声とともに、「私服姿カッコイイ」「私服大好き」「マスク姿かっこいい〜」「キラキラなマスク、お似合いです」「黒×黒コーデ似合ってる」などクールな私服姿に注目する声も集まっている。

大きな反響を呼んだ彼の『ボヘミアン・ラプソディ』日本語バージョンは、所属レーベル・日本コロムビアのYouTubeチャンネルでも公開中。まだ聴いたことがない人はこちらもチェックしてみてはいかがでしょう!?

耳マン編集部

関連記事(外部サイト)