HKT48宮脇咲良、矢吹奈子、AKB48本田仁美が活動休止「PRODUCE48」に専念!

HKT48宮脇咲良、矢吹奈子、AKB48本田仁美が活動休止「PRODUCE48」に専念!

(C)AKS/HKT48宮脇咲良

 9/24(月)幕張メッセにて行われた“AKB48『センチメンタルトレイン』劇場盤発売記念大握手会”にてAKB48 54thシングル『NO WAY MAN』が11/28に発売となることが発表となった。選抜メンバーは23名。

 センターは宮脇咲良(HKT48 TeamKIV)。その脇を固めるのは矢吹奈子(HKT48 TeamH)、そして初選抜の本田仁美(AKB48 Team8/TeamB兼任)。

 この3名は“会いに行けるアイドル”をコンセプトに専用劇場で常時ライブをする「AKB48」システムと、国民が直接アイドルデビューメンバーを選抜する韓国の「PRODUCE101」システムを結合させたプロジェクトプログラム「PRODUCE48」にて日韓混合96名の練習生の中から過酷なセレクションを経て12名に絞られたグローバルガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」のメンバーでもある。「PRODUCE48」で活躍した高橋朱里・宮崎美穂・竹内美宥・下尾みう・白間美瑠も選抜メンバー入りを果たした。初の選抜入りは本田仁美・下尾みう・菅原茉椰の3名。

 また、IZ*ONEのメンバーでもある宮脇咲良・矢吹奈子・本田仁美はその活動に専念するためAKB48グループの活動を休止し、IZ*ONE専任となることも同時に発表となった。専任期間は2年6か月となり、2021年4月にAKB48グループに戻ってくることとなる。

IZ*ONE専任メンバー宮脇咲良のコメント

<ひさびさの単独センター>

 AKB48のセンターというのは本当に特別な意味があって、このタイミングでセンターを務めさせていただくことは本当に嬉しいです。初の単独センターの『君はメロディー』(2016年3月9日発売、AKB4843rdシングル)の頃よりも、今の私だからこそ、伝えられることががきっとあるかと思います。成長した私を見せることができたらいいなと思います。

 54thシングルはメンバーから背中を押してもらっているような気持ちになる曲です。私たち3人(IZ*ONEメンバー)が前で踊っているのですが、メンバーのみんなから「帰ってくる場所はあるから、頑張っておいで」と言ってくれているような勇気をもらえる曲です。

<「PRODUCE48」で得たもの>

 「アイドルであることの誇り」です。日本のアイドルと韓国のアイドルは求められるものが違って、その文化の違いに最初はとまどったりもしたのですが、練習生のみんなと居ると「私はなぜアイドルになりたかったのか」という初心を思い出すことができました。「アイドルって熱狂的になれて、たくさんの人に笑顔を届けることができるんだ」というアイドルの原点をあらためて確認することができました。

<AKB48グループの活動休止に関して>

 IZ*ONEとしての2年6か月は世界の方に観ていただくチャンスです。でも、どこかには48グループとしてのプライドを持って活動をしたいと思います。世界に向けて活動する分、48グループの名に恥じないようなアイドルになって帰ってきたいです。

<2年6か月後はどうなってる?>

 世界中の人が知っている日本のアイドルといえば、私たちになっていればうれしいです。

<ファンの方へ>

 寂しい思いをさせてしまったり、今よりも会える機会は減ってしまいますが、私は私自身のためにも、48グループのみんなのためにも、その可能性を拡げるために、この3人で代表として頑張ってくるので、どこにいても応援していただきたいですし、2年6か月待っていていただければです。

IZ*ONE専任メンバー矢吹奈子のコメント

<選抜入りに関して>

『Teacher Teacher』(2018年5月30日発売/AKB48 52ndシングル)で初めて選抜に入ったときはすごくうれしかったですし、総選挙でファンの方に選んでいただいた『センチメンタルトレイン』(2018年9月19日発売/AKB48 53rdシングル)も歌う度にファンの方々への感謝の気持ちでいっぱいでした。今回のシングルでも選抜に入ることができて、本当にうれしいです。54thシングルの詳細はまだ言えないのですが、今までで一番○○な曲です(笑)。

<「PRODUCE48」で得たもの>

 これまでの私は自信を持てなくて、自分の意見も言わなかったりということが多かったのですが、PRODUCE48では、ポジションだったり、歌のパート決めだったりで、「私はこうしたい」と言わないと仲間に伝わらないし、「どんどんみんなにおいていかれちゃう」って思って積極的に「センターをやりたい」とか「メインボーカルをやりたい」と言えるようになりました。「積極的になる」ということをPRODUCE48では学びました。

<AKB48グループの活動休止に関して>

 AKB48グループとして活動ができないというのは、もちろんさびしいのですが、中途半端に活動をするよりも、IZ*ONEのメンバーとして頑張って大きな存在になることが、ファンのみなさんにも喜んでいただけると思うので、今までの自分を超えて、より大きくなって帰ってきたいです。

<ファンの方へ>

 2年半は長いように思えて、多分短いんじゃないかと思います。できれば「推し変」をせずに(笑)IZ*ONEの活動を応援していただけるとうれしいです。またAKB48グループに戻ってきたときには「あれ?変わったね」と言っていただけるように頑張ってきます。

IZ*ONE専任メンバー本田仁美のコメント

<初の選抜入りに関して>

 AKB48の選抜メンバーは「夢のまた夢」で、私はもしかしたら「一生立てることはない場所なのかな」と思っていたのですが、まさか、選抜メンバーに選ばれることになるなんて、本当にうれしいです。

<「PRODUCE48」で得たもの>

 今まで自分で気づかなかった魅力を韓国の練習生の方たちが言ってくれたり、ダンスを褒めてもらったりして自信を持つことができました。

<AKB48グループの活動休止に関して&ファンの方へ>

 これまでAKB48チーム8の栃木県代表として活動をさせていただいてましたが、しばらくAKB48としての活動は休止となります。悲しむファンの方もいるかと思いますし、実際そのような声を聞いたりもしました。私が「頑張りたい」と思ったことなので、応援していただければと思います。またAKB48に戻ってきた際には「韓国に行って良かったな」と思っていただけるようにしっかり私も頑張りたいと思います。2年6か月後にはAKB48のセンターにふさわしいくらいのスキルを身につけて帰ってきたいです。

<54thシングルに関して>

 54thシングルは今までのAKB48にはないような楽曲だと思いますが、自分の精一杯の力を出しますので期待していてください。


AKB48 54thシングル『NO WAY MAN』選抜メンバー(23名)

宮脇咲良(HKT48 TeamKIV)※センター
矢吹奈子(HKT48 TeamH)
本田仁美(AKB48 Team8/TeamB兼任)※初選抜
小栗有以(AKB48 Team8/TeamA兼任)
岡田奈々(AKB48 Team4/STU48兼任)
指原莉乃(HKT48 TeamH/HKT48劇場支配人兼務)
横山由依(AKB48 TeamA)
柏木由紀(AKB48 TeamB/NGT48 TeamNIII兼任)
向井地美音(AKB48 TeamA)
高橋朱里(AKB48 TeamB)
白間美瑠(NMB48 TeamM)
宮崎美穂(AKB48 TeamA)
荻野由佳(NGT48 TeamNIII)
須田亜香里(SKE48 TeamE)
岡部麟(AKB48 Team8/TeamA兼任)
瀧野由美子(STU48)
中井りか(NGT48 TeamG)
倉野尾成美(AKB48 Team8/TeamK兼任)
田中美久(HKT48 TeamH)
下尾みう(AKB48 Team8/TeamA兼任)※初選抜
竹内美宥(AKB48 TeamB)
菅原茉椰(SKE48 TeamE)※初選抜
山内瑞葵(AKB48 Team4)

関連記事(外部サイト)