SKE48が、活動10周年!名古屋が祝賀ムードにあふれる【写真25枚】

SKE48が、活動10周年!名古屋が祝賀ムードにあふれる【写真25枚】

(C)AKS

 2008年7月、名古屋・栄に誕生したSKE48が、10月5日に劇場デビュー10周年を迎えた。10周年記念の一環として、SKE48劇場で3つのSKE48オリジナル公演『9月28日「制服の芽」公演/10月2日「手をつなぎながら」公演/10月3日「ラムネの飲み方」公演』をリバイバル上演した。

 劇場のあるSUNSHINESAKAEでは、10周年を記念した館内装飾が施され、B1と3Fに設置されたモニターで17時開演の10周年記念特別公演を生中継。独特の絵心を持ったチームS北川愛乃のSKE48全メンバーのイラスト展示や、10周年記念グッズの販売も行われた。さらに、SKE48劇場ロビーでは過去の周年公演・コンサートの写真展示や、写真販売を実施。

 また、名古屋駅地下街ESCAでも、10月1日から「SKE48劇場デビュー10周年記念特別展示」を開催、写真や衣装などを展示している。さらに、SKE4817thシングル『コケティッシュ渋滞中』のミュージックビデオのロケ地でもあるオアシス21で、4日より「SKE48劇場デビュー10周年記念スペシャルライトアップ」が実施され、街をあげてSKE48の10周年が祝われている。

 4日、17時に幕を開けた「SKE4810周年記念特別公演(前編)」は、『無意識の色』でスタート。その後、最新シングル『いきなりパンチライン』を披露し、2期生の高柳明音が「SKE4810周年記念公演、始まりました〜! 今日はみなさんとSKE48の歴史を辿っていきたいと思います!」とあいさつした。

 今回の特別公演は2018年から1年ずつ振り返っていく内容で、「前編」と題した昨日は2018年から2014年までをVTRやトーク、そしてその年にまつわる楽曲で振り返った。

 特にトークで会場を沸かせた年は、今年2018年。AKB48世界選抜総選挙、中日ドラゴンズ応援大使就任・名古屋グランパス公式応援マネージャー就任といったニュースを振り返ったり、10月19日に公開されるドキュメンタリー映画『アイドル』に触れてトークを繰り広げたが、須田亜香里は「何か忘れてない? 私、写真集を出したんですよ〜!(選抜総選挙)2位なのに写真集が売れてないって、今すごく話題になってるんですよ〜! 本屋さんに山積みになっているので(写真集の私と)目があった方はよろしくお願いします」と自虐ネタで会場の笑いを誘っていた。

 楽曲は、2018年にリリースされた『いきなりパンチライン』のカップリングチーム曲(チームS『Partingshot』、チームKII『誰かの耳』、チームE『君はラムネ』)や、2017年リリースのシングル曲『意外にマンゴー』、2016年リリースの『チキンLINE』『金の愛、銀の愛』を次々に披露。

関連記事(外部サイト)