NMB48山本彩「アリーナでソロライヴ」卒業公演で今後の野望を語る!

NMB48山本彩「アリーナでソロライヴ」卒業公演で今後の野望を語る!

(C)NMB48

 11月4日(日)、山本彩卒業公演「目撃者」が大阪・難波のNMB48劇場で開催された。2017年からチームNで行なってきた劇場公演「目撃者」の内容に加え、最新シングル『僕だって泣いちゃうよ』含む全21曲を披露。本日をもってグループを卒業する山本彩の姿を見届けようと集まったファンを熱狂させた。

 山本彩による影アナで鑑賞時の注意事項が述べられ、「今日で山本彩が完結します。みなさんは、その最後の“目撃者”です」とコメントが添えられ、来場者の期待を煽る。

 おなじみ『overture』で幕開け。“さやかコール”が吹き荒れる中、『目撃者』『前人未踏』『いびつな真珠』『憧れのポップスター』まで、ポップなナンバーで一気に駆け抜け、会場のボルテージはすでに最高潮へと達していく。

 大興奮の最中、メンバーによる自己紹介へと移り、「みんながコールしてくれて、ほんとうれしいです。最後までよろしくお願いいたします!」と山本彩。これを受け客席からは力強い“さやかコール”が巻き起こった。

 山本彩、山尾梨奈、日下このみ、堀詩音、東由樹による、しっとりとした曲調の『10クローネとパン』でユニットコーナへと突入。

 愛らしいフリルの衣装をまとった山本彩加、泉彩乃、本郷柚巴らは『おNEWの上履き』、谷川愛梨、古賀成美はロックな『スキャンダラスに行こう!』、内木志、梅山恋和、河野奈々帆はフリがキュートな『フィンランド・ミラクル』、林萌々香、小嶋花梨、三田麻央はセクシーな曲調の『抱きしめられたら』を聴かせた。

 そして、三田麻央、林萌々香、古賀成美がステージへ。くじ引きで林がMCに決定し、観客からの質問に回答した。「さや姉に一つおねだりできるとしたら、何がしたい?」の問いでは、「私だけのためにギターライヴしてほしい」と三田は贅沢なリクエスト、古賀は「体幹がすごいんで、その体幹をわけてほしい」とユニークな回答で場内から笑いを誘っていた。

「アジアツアーで行ってみたい国は?」という質問では、古賀は行ったことのあるタイを挙げ「めっちゃモテモテだったんですよ」と理由を明かし、三田は「料理が好きなので韓国」、林は「台湾に行きたい」とそれぞれの希望を語り合った。

関連記事(外部サイト)