井上和香、ほしのあき…「グラビアアイドルの時代」を守った人々

井上和香、ほしのあき…「グラビアアイドルの時代」を守った人々

井上和香

 平成の30数年、その最初のうちはアイドル冬の時代と呼ばれていた。しかしグラビアという表現方法が発見され、多くのグラビアアイドルが生まれていった。平成とは、グラビアアイドルの時代だった!!

 グラビア隆盛の時代はまだまだ続いた。2003年には井上和香が日テレジェニックに選出、“ワカパイ”の愛称の美巨乳で人気を博した(当時、微乳の若槻千夏が「ワタシもワカパイですから」と自虐的に笑いを取っていたのも思い起こされる)。その後も、矢吹春奈、川村ゆきえ、夏目理緒、小阪由佳、山崎真実、岩佐真悠子など、日テレジェニック、テレ朝エンジェルアイ、ミスマガジンなどを獲得したり、DVDが特大のセールスを記録したグラドルたちが立て続けにブレイク。ファンにとってはうれしい悲鳴が続く状況だった。

 極め付けはなんといっても、ほしのあきだろう。本格グラビア・デビュー以降、一定のファンからの支持を獲得していた彼女だが、2006年に年齢詐称が報じられたのを機にそれを逆手に取り、“最年長グラビアアイドル”の肩書で特大のブレイクを果たす。2007年には30歳を迎え、それによりアラサー・グラドルといった新たなジャンルを開拓することとなり、以後、グラドルの年齢の上限はフレキシブルなものとなり、現在にいたっている。

 2006年には、日テレジェニックの顔ぶれが4人全員巨乳(原幹恵、相澤仁美等)という、結果となり、巨乳人気がひとつのピークを迎える。森下悠里や杉原杏璃、手島優、佐山彩香、篠崎愛、紗綾、中村静香などの巨乳の新星が台頭する一方、南明奈、優木まおみ、リア・ディゾン、仲村みう、杉本有美といった非巨乳勢が次々ブレイク。シーンは確実に大きな転換期へと移行していく。

関連記事(外部サイト)