Gカップグラドル芦屋芽依「表情は、前よりがんばってるかなーって思います」【写真13枚】【独占告白11/12】

Gカップグラドル芦屋芽依「表情は、前よりがんばってるかなーって思います」【写真13枚】【独占告白11/12】

芦屋芽依

Gカップグラドル芦屋芽依独占インタビュー11/12

 不思議な存在感と圧倒的ボディで人気を博すグラビアアイドルの芦屋芽依ちゃんにロングインタビュー。12回にわたってお届けします。

――4枚目のDVDになるわけですが、何か変化みたいなものが出てきてますか。

 いやー、わかんない。自分ではよくわかんないけど、「よくなっていってるよねえ?」って言ってもらえると……。

――ファンの人に?

 もそうだし、カメラマンさんの人とかにも言ってもらえるから。“おおーっ!”って。変わってるんだーって、自分で思える(苦笑)。

――自分の中で撮られ方を変えたりとかは?

 “疲れちゃうけど、体勢がんばろう!”とか。

――表情とか、演技の面では?

 表情は、前よりはがんばってるかなーって(笑)。

――仕事にも慣れてきますしね。でも、こうして話してる印象と、DVDでの大人っぽい印象は全然違いますよね。

 そう、よく言われる。「幼い」って。

――全然違いますよ。

 それ、めっちゃ言われるんです(笑)。DVDのパッケージとかの顔は「めっちゃキツそうなのに、会ったらそうでもなーい」って言われる。

――自分で見たときはどう思うんですか。

 今回のはわかるんですけど、2枚目かなあ。パッツンだったヤツ(『Be with you』)は、自分のSNSに流れてきたんですけど、「誰、これ?」ってわからなかった。“ああ、私かー”って(笑)。

――DVDのときは、メイクは大人っぽく寄せてるんですかね。

 ああ、そうかもしれないです。

――ご自身のキャッチフレーズなんてのは考えたりしてます? 

 えー、なんにも考えてない。(か細い声で)何もない……。

――ファンから、「ここが魅力」みたいに言われることは?

 うーん、おっぱいなんじゃないかなあ(苦笑)。

――プロフィールの項目を見ると、「特技、リアクションがいい意味で薄い」ってなっていますが、そこも大きな魅力ですよね(笑)。

 ハハハ。

――あくまで「いい意味で」で、そして、それが特技という(笑)。

 あまりにもないので、これでいこうみたいな感じで(笑)。

――喜怒哀楽の部分で怒ったりとかは? 

 でも……、なんだろう。で“チェッ!”って思ったら、ちょっとはあるかな。機嫌悪くなる(笑)。

――静かに、テンションが低くなる……。

 黙るかもしれないです。

――それはそれで怖い感じですね。

 あと、一回言ったら、バーッ! って言うか。


(取材・文=織田祐二)

PROFILE

芦屋芽依(あしやめい)

2000年2月27日生まれ、埼玉県出身。

T155B94W60H88

趣味/食べ歩き、ディズニー

特技/リアクションがいい意味で薄い

関連記事(外部サイト)