Gカップグラドル芦屋芽依「DVDは“めいっぱい”がんばりました」【写真13枚】【独占告白12/12】

Gカップグラドル芦屋芽依「DVDは“めいっぱい”がんばりました」【写真13枚】【独占告白12/12】

芦屋芽依

Gカップグラドル芦屋芽依独占インタビュー12/12

 不思議な存在感と圧倒的ボディで人気を博すグラビアアイドルの芦屋芽依ちゃんにロングインタビュー。12回にわたってお届けします。

――バイトでイヤなお客さんとかは?

 酔っぱらってるお客さんが多いので(苦笑)。

――「お姉ちゃん、かわいいね」みたいなことを言ってくる、しつこい客もいそうです。

 ああ、ちょっとめんどくさいです……。

――そういうときはテキトーにあしらうと?

「ハイハイハイ」って(笑)。

――けっこうあしらい方が上手いような(笑)。かわいいあしらい方で客もタジタジになりそうですが……。かわいいといえば、“芽依”って名前もいいですよね。

 字は違うけど、本名なんです。

――名前はご自身でも気に入ってますか?

 すごく気に入ってます(笑)。

マネージャー (おもむろに)キャッチフレーズ、“芽依っパイ(目一杯にかけて)”ってどう?(笑)。

――ハハハ! さっきからずっと考えていらしたという(笑)。ご本人的には、どうですか?

マネージャー いや、これで大丈夫です(笑)。

――事務所的にこれで決定〜と。

 じゃあ、それで……(笑)。

――いい意味で薄いリアクションが出ました(笑)。いずれはそのタイトルでDVDを……。

 フフフ。

――でも、あらためて、最新作の今作は、紫色のレース下着調の変形水着とか、黄色の変形水着とか、相当セクシーですよね。

 紫のと黄色いヤツは着るのが大変でした(苦笑)。

――花びらのヤツなども、いろいろ気を使いつつ?

 何度も二プレスを貼って剥がしてって、それが大変で。痛いときもある。

――ニプレスもしっかりズレないように貼らないと……。

(乳首が)取れちゃうって(苦笑)。

――グラドルさんならではの過酷さですよね。

めいっぱい、がんばりました(笑)。

――さっそくご自身でキャッチフレーズを使っていただいたということで。

 使ってみました……(笑)。

――いいオチも出たということで、本日のインタビューはこのあたりで。

フフフ。

――ありがとうございました!

(取材・文=織田祐二)

PROFILE

芦屋芽依(あしやめい)

2000年2月27日生まれ、埼玉県出身。

T155B94W60H88

趣味/食べ歩き、ディズニー

特技/リアクションがいい意味で薄い

関連記事(外部サイト)