清原和博、シャブ再犯を疑われ重度のうつ発症「あの落ち込みようは危ないレベル」「生きていてもしゃあないやろ」

清原和博氏が歌舞伎町で職務質問を受けたと報道 重度のうつを発症し自殺願望か

記事まとめ

  • 清原和博氏が歌舞伎町で職務質問を受け、覚醒剤の再犯を疑われ連行されたと報じられた
  • 清原和博氏は疑いの目で見られていることに落ち込み、自殺願望も口にしているという
  • 8月には佐々木主浩氏とのキャッチボール姿を公開したが、再びドン底に逆戻りらしい

清原和博、シャブ再犯を疑われ重度のうつ発症「あの落ち込みようは危ないレベル」「生きていてもしゃあないやろ」

清原和博、シャブ再犯を疑われ重度のうつ発症「あの落ち込みようは危ないレベル」「生きていてもしゃあないやろ」

清原和博、シャブ再犯を疑われ重度のうつ発症「あの落ち込みようは危ないレベル」「生きていてもしゃあないやろ」の画像

「せっかく前向きになってきたのに……」。そう残念がるのは球界関係者だ。2016年2月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けた“球界の番長”こと清原和博が、再びドン底に逆戻りだ。

 9月11日、東京・新宿歌舞伎町で警察官から職務質問を受け、そのまま任意の尿検査を行うハメになったのだ。社会部記者によると「同時期に記者クラブの間で『清原がヤバイ』『尿検査を受けたようだ』という話が出回り、各社裏取りに動きました」

 21日発売の「フライデー」(講談社)によると、職務質問した警察官は清原の腕に注射痕があったのを見て、シャブ再犯≠疑い、署に連行。任意と言いながらも半ば強制的に清原の尿を採取したという。

 しかし結果は「シロ」。注射痕は持病の糖尿病治療の際に打っていたインシュリン注射の痕だった。当然、納得がいかないのは清原だ。

「行きつけの店に顔を出すために歌舞伎町にやって来たのに、警官からは『何しに来たんだ?』と、まるでシャブを買いに来たかのような言い方をされたそうです。尿検査の結果がシロだったのに、謝罪の言葉もなかったそうです」(社会部記者)

 ブチ切れ寸前の清原だったが、しばらくすると、今度はひどく落ち込みだしたという。前出球界関係者の話。「薬物依存を断ち切ろうと頑張っているのに、誰も信じてくれない。警官からも“またやっている”と疑いの目で見られていることにショックを受けていました。あの落ち込みようは、誰かがそばにいないと危ないレベルです」

 清原は以前からうつ病を患っており、精神安定剤と睡眠薬を常用。このところは症状も改善し、7月に自叙伝『告白』を出版し、8月にはテレビ番組で盟友・佐々木主浩氏とのキャッチボール姿を公開したり、夏の甲子園にも足を運んでいたが…。

「また自分の殻に閉じこもり、『どうせ俺なんか生きていてもしゃあないやろ』と自殺願望を口にしているそうです。水面下で進んでいた球界復帰計画もパー。本人がそういうことを考えられる精神状態ではないためです」(同)

 清原は「文藝春秋」(2018年9月号)に寄せた独占告白で〈何も考えられず、表に出る気にもならず、頭に浮かぶのはただ「死ぬこと」……。(中略)今はスマートフォンでいろんなものを検索できますから、死に方を探してみたり、飛び降り自殺した人の写真を見たり、そういうことを自然としてしまうんです〉と吐露。もともと危うい下地があるだけに最悪の事態にならなければいいが……。

画像は「清原和博 告白(文藝春秋)」より引用