ラジオ日経がリスナー投票を不正操作して打ち切りに! 現場からは悲鳴「TVもラジオもどこでもやってる」

ラジオ日経がリスナー投票を不正操作して打ち切りに! 現場からは悲鳴「TVもラジオもどこでもやってる」

ラジオ日経がリスナー投票を不正操作して打ち切りに! 現場からは悲鳴「TVもラジオもどこでもやってる」の画像

 今月12日、ラジオNIKKEIが、音楽番組「Click DE On-Air」(月〜金曜正午)のリスナー投票で番組ディレクターによる不正が発覚し、番組を打ち切ったと発表した。では、今回打ち切りに至ったということは、テレビやラジオでよくある「視聴者投票」「リスナー投票」などは本当にリアルなのだろうか。関係者に実情を聞いた。

「ラジオに関していえば9割の投票やリクエストはウソですね。ラジオは聞いている人も減っており、4時間の生放送をしてもメールが5通しか来ないなんてことがザラです。放送作家が適当にメールを書いてそれを読んでいることも多いです。もちろん、人気番組は何百何千とメールが来ますが、アナウンサーが司会するような番組はどこも厳しいです。メールでさえここまで少ないので投票なんか来るわけがなく、投票数の水増しや意図的な操作は当たり前におこなっています」(ラジオ番組ディレクター)

 やはりほとんどがウソということだが、なぜそこまでして操作するのか。

「スポンサーの手前、投票企画をやって『リアルな投票は3件でした』とは言えませんよね。そのため、予め操作可能な投票プログラムにしておいて日々たくさん投票があったように操作します。もしくは今回処分されたようにアナログな形でスタッフが自ら投票行為をおこなって水増しします。ランキング番組では毎週のようにランキングをやっているとどうしても組織票のようなものもあって順位が偏るので、それを薄めるために操作します。今回は番組打ち切りにまでなってラジオの関係者は驚いていますよ。これぐらい誰でもやることなので」(同)

 あまりにも当たり前におこなっている行為のため、番組打ち切りに至った何かほかの事情があるのではないかと疑う声も多いという。

「こうした水増しや操作は音楽ものだけではなく、『好きなタレント』などのランキング企画でも同じです。正直、ラジオ業界以外でもやっているはずよ」(同)

 たしかにここまで蔓延しているなら他の媒体でもありそうだ。

 事実、テレビにもこんな事例があるという。

「投票とは違いますが、今は生番組などで視聴者からの感想コメントを画面に出すことが多いものの、これらはほとんどが事前に作ったものです。Twitterの声を紹介するような場合、あらかじめ200個ほど文面を用意する場合もあります。良いものがあれば差し替えますが、基本的に1つも来ないということを前提に準備しています。実際、都合よく番組の趣旨に合った好意的なコメントなんてほとんどないので、事前準備したものを使うこともあります」(テレビ番組制作スタッフ)

 今回の番組は打ち切りとなったが、これらの行為が常態化しているならば、ラジオ番組やテレビ番組のほとんどが打ち切られる必要があると言える。無論、真面目にリスナーや視聴者からの意見のみに頼っている番組もあるのだろうが。
(文=吉沢ひかる)

イメージ画像:「Thinkstock」より