木村拓哉の伝説ドラマ『ギフト』が封印を解かれた! 21年間も“円盤”が発売されなかった理由とは?

木村拓哉の伝説ドラマ『ギフト』が封印を解かれた! 21年間も“円盤”が発売されなかった理由とは?

木村拓哉の伝説ドラマ『ギフト』が封印を解かれた! 21年間も“円盤”が発売されなかった理由とは?の画像

 2019年1月9日に、木村拓哉(45)の主演ドラマ『ギフト』(フジテレビ系)のBlu-rayとDVDが発売される。同ドラマは1997年に放送された作品なのだが、いわゆる“円盤”になるのは初めて。このニュースにSNSなどでは熱狂する声が相次いでいるが、一体なぜ21年前のドラマがここまで注目を集めているのか、若い世代には不思議かもしれない。

 『ギフト』は最高視聴率23.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した、カルト的な人気を誇る“明るいクライム・ロマンドラマ”。木村拓哉が演じる“届け屋”早坂由紀夫を中心に、謎に満ちたストーリーが展開されたのだが、同時に問題作として人々の記憶に残った作品でもある。

 主人公の早坂は謎だらけの人物だ。第1話は室井滋(57)演じる腰越奈緒美が愛人のマンションを訪れるシーンから始まるが、早坂は室内のクローゼットから素っ裸で登場。それも全身血まみれで意識もない状態だ。

 その後、早坂は病院で目を覚ますのだが、記憶喪失の状態で自分がなぜクローゼットにいたのかも覚えていない。しかし腰越奈緒美から“届け屋”という仕事を与えられると、類稀なる能力を発揮。彼には強靭な脚力や動物的な嗅覚、記憶力といった“才能=ギフト”が備わっていた。また、なぜか「届ける」という行為に異常なほど執着しており、拒否する受取人を追いかけまわして配達することも。同ドラマはそんな早坂が受取人の人生に深く関わり、記憶を取り戻していく……という物語。

 サスペンス要素をふんだんに詰め込んだストーリーも魅力的だが、若かりし日の木村拓哉がこれでもかとセクシーな表現を繰り出しているのも、当時のファンを熱狂させた。この時の木村拓哉は長髪で、当時は真似をする若者が続出。まさに“全盛期”の序章となった時代の、向かうところ敵なしの“キムタク”がちょいちょい半裸姿で登場するのだからたまらない。

 “届け屋”として仕事をする時は髪を結んでポニーテールになるのだが、スーツ姿と相まってこちらもかなりの色気が。“スター”としての木村拓哉を堪能するなら、これほどうってつけの作品はないだろう。



 ところが、当時の木村拓哉の影響力を象徴するような事件が起こってしまった。1998年、男子高校生が女性教師を刺殺。凶器となったのはバタフライナイフで、『ギフト』に影響されて所持していたという。確かにドラマ内では、早坂がバタフライナイフを振り回しているシーンがあった。

 この事件を受けて『ギフト』の再放送は打ち切りになり、以降“封印”されることになる。VHS版は発売されていたものの、Blu-rayやDVDが世に出ることはなかった。

 しかし作品に殺人を教唆するようなシーンはなく、悪に誘うような内容でもない。円盤のリリースが発表されるまで21年もかかってしまったが、掛け値なしに名作なので多くの人に見てもらいたい。

関連記事(外部サイト)