篠原涼子、重度のにおいフェチで市村正親との離婚危機を回避!

篠原涼子、重度のにおいフェチで市村正親との離婚危機を回避!

篠原涼子、重度のにおいフェチで市村正親との離婚危機を回避!の画像

 今夏公開された映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に主演、そして11月16日には映画『人魚の眠る家』の公開が控えている篠原涼子(45)。女優業はまさに絶好調といったところですが、ここ最近、プライベートでなにやら不穏な噂が沸いていて……そう、夫・市村正親(69)との離婚危機です。

 今年7月、「女性セブン」(小学館)は、篠原涼子がママ友と焼肉バーに訪れ、人目もはばからず市村への愚痴をこぼしていたと報じるや、各週刊誌が「篠原・市村不仲説」に便乗。「すでに離婚調停に向けて準備を進めている」などと、さまざまな噂を書き立てました。

 最終的に、「女性自身」(光文社)の取材に対して、篠原の所属事務所が「夫婦仲は良く、一部で報じられている離婚調停といった事実は一切ありません」と否定するハメに。さらに、篠原涼子本人も「FRIDAY」(講談社)に直撃取材を受けたものの、「ないない!パパ(市村)とも、なぜそんな話が出たんだろうねって」と、笑いながらキッパリと否定。さらに篠原は、ステーキ店のお土産を「これ食べて下さい」と記者に差し入れたとか。涼子って、なんてデキる女なんだろうか。

 もちろん市村正親も、映画『Merry Christmas! 〜ロンドンに奇跡を起こした男〜』のイベントで、不仲説を否定しました。そればかりか、「でもいいの。注目されてるってことですから」と笑ってみせる、大人の余裕。どうやら離婚危機は、メディアが好き勝手に騒いでいたというオチだったようです。
とはいえ、にわかに降って沸いた離婚危機を、週刊誌やネットメディアがいっせいに報じた……という現象は、いったいなんだったのでしょう? 火のないところに煙はなんとやら。胸騒ぎは収まらず、テレビや雑誌で篠原涼子を見るにつけ、市村さんとの夫婦円満を祈願していたのですが……。

 大丈夫、皆さん。安心してください。涼子と正親の仲が良きものであるという、決定的な証拠を発見しましたから。

涼子はDNAレベルで正親に恋してる!

 それは、11月11日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した篠原涼子が、10歳と6歳になる愛息子について語ったときのこと。MCの上田晋也(48)が、「中学とか高校になったらおふくろに話すことなんてメシ、カネのふたつしかない」と脅してみせると、篠原は「そう思ってます。だから今のうちに私のほうからギュってやってますね。いつか離れてっちゃうから……」と、どこか寂しげな表情。

 しかし、このおセンチ発言の後で、篠原は「においとかすごく嗅いじゃうんですよ。頭のこういうところ(おでこの生え際)とか、耳の後ろのにおいとか、こういうところ(鼻筋)とか……」と、においフェチを告白。すかさず上田が、「いちばん脂が溜まりそうじゃないですか!」とツッコむと、「生きてるっていうような……汗のにおいがいっぱい出るところが……」と、性癖を思うさまに述べていました。



 といっても、幼い息子の体臭がクセになる、いとおしい、と発言している母親って珍しいものではなく、これを「性癖」と言ってしまうと語弊があるのかもしれませんが……筆者はこのにおいフェチ発言に、勝手ながらものすごく共感したわけです。そこで調べてみたところ、篠原は過去にも同じような発言を繰り返していました。

 8月31日発売の「女性自身」(光文社)で、女優・板谷由夏(43)と対談したとき、篠原は「私、(子どもの)におい嗅いじゃう。肘の内側とか脇のにおいが好きで(笑)」と、さらりとカミングアウト。さらに、板谷が子どもの靴下がクサいと愚痴れば、篠原は「それがよくない? 子どもたちが帰ってきたらまず、靴下を脱がして、足の指の付け根のところを嗅ぐの。『いいにおい!』って(笑)」と切り返し、板谷をドン引きさせた……という前科がありました。

 したがって、これらの発言から導き出されることは、篠原涼子=においフェチという、疑いようのない事実です。2005年に、世間を騒がせた市村正親との24歳差婚にも、この性癖が深く関係していることは間違いありません。

 巷でよく言われることには、パートナーとの相性は体臭で判断できて、においが好みな相手とは遺伝子レベルで相性が良い! おめでとうございます! というハナシ。彼氏や旦那の耳朶のウラ、臍窩、脱ぎ捨てたTシャツのエリやパンツのゴムなどを、嗅いで確認してみる……というアレのことです。

 つまり、篠原涼子は正親のにおいが大好物ということで、DNAレベルで恋をしているというわけ。そりゃあ、離婚するはずもありません。もし喧嘩とかしても、正親のにおいで一発KOなのでしょう……涼子、かわいいですね。でも人間誰しも、DNAに逆らうことなんてできないですから……。というわけで涼子は今夜も、正親のニオイをhshsしているはず。夫婦円満っぷりが羨ましい限りです。

(緑)

関連記事(外部サイト)