倖田來未が夫婦で自転車二人乗り、チャイルドシートにすっぽりの違和感

倖田來未が夫婦で自転車二人乗り、チャイルドシートにすっぽりの違和感

倖田來未が夫婦で自転車二人乗り、チャイルドシートにすっぽりの違和感の画像

 映画『キューティーハニー』の主題歌で「エロカッコいい」と注目され、紅白歌合戦に8回の出場経験を持つ歌姫・倖田來未。2008年の「35歳を過ぎると羊水が腐る」という発言以降、テレビ番組などへの露出は減ったものの、現在でもCDの発売やライブなど精力的に歌手活動を続けており、固定ファンもしっかりついている。

 倖田は2011年にBACK-ONというバンドのボーカル兼ギター・KENJI03と結婚、子供も誕生しているが、8年経った現在でも夫婦仲はラブラブのようだ。「週刊文春」2月28日号(文藝春秋)が、バレンタインデーに夫婦で自転車を二人乗りする姿を激写している。

 撮られたのは、金髪にアニマル柄のブーツという姿で昼下がりの高級住宅街を歩く倖田來未。しばらくすると自転車に乗ったKENJI03が登場し、自転車の後部座席の“チャイルドシート”に倖田を載せると、二人は颯爽と走り去っていったという。

 バレンタインデーに自転車を二人乗りするほど仲がよいことは羨ましい限りだが、大人の自転車二人乗りは道路交通法違反にあたるためNG。ファンは気にしないかもしれないが、危険でありこれを機にやめてほしい。



 また、もうひとつ気になることがある。倖田のお尻が“チャイルドシート”にすっぽり入っていることだ。

 倖田は昨年2月にインスタグラムアカウントを開設し、頻繁に更新している。インスタグラムには、セクシーな私服ショットや、レディー・ガガ、グラミー賞にノミネートされた海外音楽プロデューサーとのツーショットも投稿するなど、海外セレブさながらの一面も垣間見える。

 そんなセクシー路線の海外セレブたちの間では数年前から、整形やトレーニングでお尻を大きくするのがブーム。日本人だがモデルのローラもインスタグラムではダイナミックに鍛え上げたヒップを披露している。倖田も身長は154センチと小柄ながら“ボンキュッボン”のスタイルでお馴染みだったが、意外にもお尻がチャイルドシートに収まるほど華奢なようだ。

関連記事(外部サイト)