「荻野由佳が出るなら見ないわ」叩かれ続ける荻野由佳、NGT48運営は完全スルーで守る気なし?

「荻野由佳が出るなら見ないわ」叩かれ続ける荻野由佳、NGT48運営は完全スルーで守る気なし?

「荻野由佳が出るなら見ないわ」叩かれ続ける荻野由佳、NGT48運営は完全スルーで守る気なし?の画像

 3月3日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にNGT48の荻野由佳が出演。トークにリアクションに頑張っていたのだが、SNSなどではかつてないほどの苛烈さで叩かれている。

 番組の冒頭では司会の宮迫博之に「顔ちっちゃ」「綿棒やん」とイジられ、とっさに「脳みそ入ってないんです」と自虐で返しスタジオを沸かせた。さらに彼女の“会いたい人”である林家木久扇が登場した際には、「うわぁああああああああ」と絶叫し全力のリアクションを披露。涙を見せる場面もあり、バラエティの出演者としては満点の立ち回りを見せた。

 しかしNGT48は昨年12月に発生した山口真帆への暴行事件を巡る一連の騒動がまだ何一つ解決しておらず、十分な説明すらない。そして荻野由佳はこの事件の関連を疑うファンも多く、彼女の所属するホリプロが「事件とは無関係」とコメントを出してもなお炎上の火は消えずにいる。

 そんな中で荻野由佳が地上波の人気番組に出演したことで、SNSは炎上。「なんで犯罪に加担した人がメディアに出れるの?」「事件の全容をしっかり発表してから活動するべき」「荻野由佳が出るなら行列見ないわ」との声のみならず、「ブスなのにテレビに出るな」「性格の悪さがにじみ出てる。笑い方が下品」といった誹謗中傷まで展開されている状況だ。



 荻野由佳は2月7日放送の『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)に出演した際も、同様の批判が相次ぎ炎上。また彼女がアイドルグラビア雑誌「アップトゥボーイ」(ワニブックス)の裏表紙を飾ると、同誌の公式Twitterにまで「荻野由佳を使うなんて考えられない」「こんな雑誌は買いません」「ずっと『アップトゥボーイ』を購読してるけど、今回ばかりは……」といった批判リプライが寄せられていた。

 荻野由佳を“黒”だと認定した一部のネットユーザーによる暴走気味なバッシング。これで荻野由佳が“白”だった場合、とんでもない損害だが、「AKS」を始め運営側はこの状況をいつまで放置するのだろうか。

 前述のようにホリプロは「事件と無関係」と声明を出しているものの、肝心なNGT運営が説明をしないため憶測でメンバーが叩かれるばかり。ホリプロもそろそろAKSに堪忍袋の緒が切れるかもしれない。そもそも所属メンバーを守らないアイドルグループ運営などイカれている。いち早く事件の全容が明かされることを祈るばかりだ。

関連記事(外部サイト)