ダルビッシュ有に「紗栄子の時は浮気してたって、認めてるみたい」

ダルビッシュ有に「紗栄子の時は浮気してたって、認めてるみたい」

ダルビッシュ有に「紗栄子の時は浮気してたって、認めてるみたい」の画像

 3月29日に公開された「スポーツニッポン」のインタビュー記事で、ダルビッシュ有が再婚後の心境の変化について言及。父親として真っ当になったようだが、発言内容に疑問を呈する人も少なくない。

 記事の中でダルビッシュ有は、「妻と結婚して、子供ができて大きく変わったというのはある。昔の自分が思い出せないくらい。女性関係に関しては凄く変わった気がする。今の奥さんと付き合ってから、一回も浮気したことがないし。3人の息子(11歳、3歳、2歳)が大きくなった時に、そんなことをしていたのかと思われたくない。家で育児を最大限に手伝っていなかったとしても、毎日家にいて奥さんのことを愛していれば、奥さんの不満はなくなる。ちゃんと育児をしていても、あとあと浮気がバレれば、何も信じられないとなる。そんな人、今までいくらでもプロ野球界で見てますから」とコメント。2016年にレスリング元世界王者・山本聖子と結婚してからは、浮気をしていないという。

 一見すると“良い父親になった”という美談だが、ネット上では「紗栄子の時は浮気してたって、認めてるみたい」との声も飛んでいる。ダルビッシュと紗栄子は2007年に交際三カ月でスピード結婚したが、2012年に離婚。2人の息子たちは紗栄子が養育している。

 離婚当時は金銭面を巡る争いなども報じられたが、慰謝料はなくダルビッシュ有が養育費を払うという形で決着したと穂伝えられている。ともあれ、ダルビッシュと紗栄子の夫婦生活は約5年間で終止符を打った。

 となると、「スポーツニッポン」での「女性関係に関しては凄く変わった」という発言は、“紗栄子と結婚していた時は、女性関係が派手だった”と言っているようなものと見えてしまう。



 またダルビッシュの「子供ができて大きく変わった」「3人の息子(11歳、3歳、2歳)が大きくなった時に、そんなことをしていたのかと思われたくない」という言葉も、前妻である紗栄子との子どもたちに一切触れておらず、違和感がある。ただ、離婚して別居していても親子として交流を持つケースもあれば、ほとんど縁を切ってしまうケースもあり、一概には言えない。ダルと紗栄子の場合は、ダルが父親として息子たちに接する機会はもうないのかもしれない。

 とはいえ紗栄子側に「浮気され捨てられた女」というイメージなど皆無だ。むしろ“ダルビッシュの元妻”というポジションで一気に芸能界をのし上がり、いまやファッションアイコン。若い頃はオバカキャラでもあったが、今の紗栄子は強く賢く稼ぎまくっており、その当時の面影は微塵も感じられない。また紗栄子は再婚こそしていないがロマンスの噂も絶えず、相変わらずおモテになる様子だ。

 そう考えれば、この2人の離婚はお互いにとって正解だったのだろう。

関連記事(外部サイト)