上原多香子の不倫自殺事件、別の真相がある!? TENNさん遺族サイドの「都合の良い報道」とは

元SPEED上原多香子の夫・コウカズヤ氏がTwitterでのバッシングに反論

記事まとめ

  • 元SPEED上原多香子の再婚相手で演出家のコウカズヤ氏が、Twitterで妻への批判に反論
  • 母の日に上原が鍵アカウントでツイートした内容が晒され、批判を浴びたことが発端
  • 報道は、上原の元夫で自殺したET-KINGのTENNさん遺族に都合の良いことだけと主張した

上原多香子の不倫自殺事件、別の真相がある!? TENNさん遺族サイドの「都合の良い報道」とは

上原多香子の不倫自殺事件、別の真相がある!? TENNさん遺族サイドの「都合の良い報道」とは

上原多香子の不倫自殺事件、別の真相がある!? TENNさん遺族サイドの「都合の良い報道」とはの画像

 SPEED・上原多香子の再婚相手で、演出家のコウカズヤが5月14日から15日にかけてTwitterでレスバトルを展開。再過熱している妻へのバッシングに反論した。

 発端は、母の日に上原多香子が鍵アカウントでツイートした内容が晒され、批判を浴びたことだ。コウカズヤは上原多香子への批判ツイートに対して以下のようにリプライを送っていた。

<夫婦間のこと、親族間のこと、僕も含めて一般の方々は全てを知る由もないですから。実情、あちらさんサイドの都合のいい表面的なところしか報道されてないので>(現在は削除済み)

 “あちらさんサイド”とは、2014年9月に自ら命を絶った上原多香子の元夫で「ET-KING」メンバーだったTENNさんの遺族のことを示しているだろう。“表面的なところしか報道されてない”と苦情を申し立てたコウカズヤだが、彼は上原からこの件についてどう聞かされているのだろうか。

 まず当時の報道を振り返りたい。一連の騒動が表面化したのは2017年8月のこと。TENNさんの弟が『女性セブン』(小学館)に、「兄の自死の理由は、妻の不倫だった」と告発。上原多香子は、14年に舞台で共演していた俳優・阿部力と不倫関係に陥り、2人がLINEで「トントン(※阿部力の愛称)に会いたいよ。旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる」「2人の子供作ろうね」などとやり取りしていた画像も公開に至った。

 TENNさんが遺書に、「多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい」「僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います」などと綴っていたことも明らかにされ、上原多香子は“夫を自死に追いやった最低な女”として猛バッシングを受けた。

 不貞の過去が暴かれた彼女は報道後すぐ、ブログで無期限活動休止の意向を表明。現在まで芸能活動をしていないのだが、2017年12月に「女性自身」(光文社)が彼女とコウカズヤの同棲愛を報道すると、ネット上には「どんだけ図太いんだよ」「地獄に堕ちろ」などの罵詈雑言が続出していた。また同時期にはTENNさんの弟が「女性セブン」に、報道後は上原多香子からの連絡が一切ないことを暴露している。



 昨年10月に再婚と妊娠を発表した際は、「こんな喜べない妊娠ってあるんだね」「因果応報があればいいのに」といった声が当たり前のように上がっている。さらに「FLASH」(光文社)は、妊婦になった上原多香子の現状を報告。「デイリー新潮」に至っては、彼女とコウカズヤが暮らす自宅のインターホンを鳴らしたという。

 また上原多香子が報道前に撮影していたドラマの放送にあたっても批判の声が殺到し、彼女は芸能人としては致命的なダメージを受けた。不倫報道の内容が全て事実だとしたら、彼女にこのような社会的制裁が下ることは当然ではあるものの、何年も叩かれ続けるのはさすがに解せない。もはや芸能人として仕事をしていないのだから、叩く必要もないのでは。

 上原多香子自身、一方的に悪者へ仕立て上げられている報道に怒りを感じることもあったかもしれない。しかし反論すれば亡くなったTENNさんを侮辱することになりかねず、沈黙を貫いているのではないだろうか。

 コウカズヤは削除したツイートで、「少なからず、僕はあなたより真実がどうだったのかということを知っております。だから嫁と結婚できました」と明かしている。TENNさんが亡くなっている以上、“真実”を知っているのは上原多香子しかいないだろう。墓場まで持っていくのだろう。

関連記事(外部サイト)