ジャニーズWEST桐山照史、女の子の発言に大ショック! 好きなジャニーズは「平野紫耀」と言われ……

ジャニーズWEST桐山照史、女の子の発言に大ショック! 好きなジャニーズは「平野紫耀」と言われ……

ジャニーズWEST桐山照史、女の子の発言に大ショック! 好きなジャニーズは「平野紫耀」と言われ……の画像

 ジャニーズWESTのメンバーが「人に役立つミッション」に体当たりで挑む『エージェントWEST!』(朝日放送)。9月29日深夜の放送は、桐山照史が子どもの素朴な疑問を体を張って検証し、解決するコーナーが放送された。

 今回の依頼者は、11歳の女の子・かえでちゃん。かえでちゃんの疑問は「フーセンガムはどれくらい大きく膨らむの?」というもので、顔よりも大きく膨らませることを目標に掲げ、桐山が体を張って検証することとなった。

 お菓子メーカー全面協力のもと、なんと1,500粒のフーセンガムが用意され、その光景に桐山は「すごくない!?」とテンションアップ。一方のかえでちゃんは、桐山に比べてテンションは上がらず、「オレの方がテンション高くてごめんな」と思わず謝る桐山であった。しかしこの“温度差”は、序章にすぎなかった。

 用意されたフーセンガムは3粒入りのうち1粒に「酸っぱい味」が含まれているもので、「酸っぱいの当たらんとこうな! そういう遊びもしようや!」とノリノリでかえでちゃんに話しかける桐山。それに対し、かえでちゃんは静かにガムをモグモグ。その後、2人とも酸っぱい味のガムを食べることになるのだが、大きなリアクションを取る桐山に対して、かえでちゃんはやはり落ち着いたリアクションをするのみであった。

 なんとかコミュニケーションを取ろうと思ったのか、桐山はかえでちゃんに「ジャニーズの中で好きな人いる?」と質問。するとかえでちゃんは「平野紫耀(King&Prince)」と、後輩の名前を出す。この“ストレートパンチ”に桐山は、「ほほう……後輩!」と若干ふてくされ、まだ11歳の女の子にタジタジになってしまうのだった。

 そんなやり取りをしつつ、桐山は汗だくになりながらフーセンガムを噛み続け、30粒分で作ったフーセンが15センチを記録。最高記録が飛び出したことに歓喜する桐山は、かえでちゃんとハイタッチをしようとするのだが、なんと拒否されてしまう。単純にタイミングが合わなかっただけなのか、恥ずかしかったのか、本当のところは分からないが、桐山は苦笑いを浮かべながら「ハイタッチ拒むってなんなん……」と、これにはさすがにショックを隠せない様子だった。

 フーセンガムチャレンジは来週も続き、いよいよ道具を駆使した“大人の本気モード”へ突入するとのこと。フーセンガムがどれくらい膨らむかも気になるが、桐山がかえでちゃんの心を掴むことができるのかが最大の見どころだろう。次回の放送も見逃せない。

(アズマミサト/ライター)

関連記事(外部サイト)