【新潮45の休刊が決定】作家の辻仁成氏「休刊は責任放棄にすぎない」と指摘

記事まとめ

  • 作家の辻仁成氏が、月刊誌「新潮45」の休刊が決定したことに私見をつづった
  • 「新潮45」は性的少数者(LGBT)への表現が差別的だとの批判を受けていた
  • 辻氏は「休刊は責任放棄にすぎないし新潮社の根本理念に反する」と指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております