田中泯「びっくりしました」同い年の吉永小百合の父親役 5キロ減量して撮影に挑む

映画「いのちの停車場」完成披露試写会に登壇した田中泯

 俳優の田中泯(76)が14日、東京国際フォーラムで行われた女優・吉永小百合(76)が医者役に初挑戦した映画「いのちの停車場」(成島出監督、5月21日公開)の完成披露試写会に登壇した。

 都内の大学病院の救命救急センターで陣頭指揮を執った主人公の女医・白石咲和子(吉永)が、人生の後半を迎え故郷・金沢の「まほろば診療所」で訪問医として再出発。命とは何かを見つめ直す。

 田中は吉永演じる主人公の父親を演じた。オファーを受けた時のことを振り返り「吉永小百合さんというスターのお父さん役、びっくりしました。同い年なのに…」と笑い、「撮影は必死でした。記憶におそらく残り続ける作品になると思います。吉永さんが僕をお父さんにしてくださった」と感謝を口にした。

 難病を患う役どころ。撮影前、成島監督に「5キロ痩せたい」と直訴したという。成島監督は「(田中は)ダンサーなので、そもそもしぼる肉もない。『命に関わるからやめたほうがいい』と言いましたが、『やる』と。気迫みたいなものがスクリーンにうつっている」と田中の命がけの役作りをたたえた。

関連記事(外部サイト)

×