日本映画専門の名画座「ラピュタ阿佐ヶ谷」 “ジブリ感”が漂う風情に昭和の香り

記事まとめ

  • 1998年オープンの「ラピュタ阿佐ヶ谷」は2003年に石井紫支配人が入社し邦画旧作専門に
  • 午前はヒロイン特集、午後は50〜60年代、夜はピンク&バイオレンスを軸に、月40本上映
  • 年間400作見ている映画館の石井支配人でも3分の1は未見だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております