倉科カナと市原隼人が映画『あいあい傘』の初日舞台あいさつ 娘と父の5日間の物語

記事まとめ

  • 倉科カナと市原隼人が、出演映画『あいあい傘』の初日舞台あいさつを行った
  • 同映画は、25年ぶりに再会する娘と父(立川談春)の5日間の物語を描いている
  • 自身も"父不在"で育ったという倉科は「絶対に見るべき映画」と涙ぐみながら挨拶した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております