永野芽郁、アイデア写真にファン歓喜「半分、青いのオープニング!」

永野芽郁、星野源ライブ後「アイデア写真」にファン歓喜 「半分、青い。」を彷彿

記事まとめ

  • 永野芽郁が、星野源の東京ドームでのライブに参加した後と思われる写真を公開した
  • 永野主演のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌には星野の「アイデア」が起用
  • 「半分、青い。」のオープニングを彷彿とさせるラップフィルムの落書きにファンが歓喜

永野芽郁、アイデア写真にファン歓喜「半分、青いのオープニング!」

永野芽郁、アイデア写真にファン歓喜「半分、青いのオープニング!」

インスタグラムより@mei_nagano0924official

 女優の永野芽郁(19)が1日、自身のインスタグラムを更新。歌手で俳優の星野源(38)が2月27、28日に東京ドームで開催した「POP VIRUS PLAYER」に参加後と思われる写真を公開した。

 今年度前期に放送された、永野主演のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌として星野が歌う「アイデア」が起用された。この投稿では、青い線を書いたラップフィルム持った「アイデア写真」をアップ。同様にラップフィルムに落書きをして、目玉焼きに顔を書くなどの映像が使用されたドラマのオープニングを彷彿(ほうふつ)とさせた。またハッシュタグにも「#2枚目は一応お伝えすると#ラップ越しのおはようです」と記した。

 ライブについては、ツアーTシャツ姿の写真と共に「ぐへへへへ。幸せな時間。ばっちり感染してきました 色んな巡り合わせに感謝です。ありがとうございます #popvirus」とつづった。

 この投稿にファンからも「かわいい半分青いがよみがえるぅぅぅぅ」「まさかの源さんと芽郁ちゃんのコラボ!!」「スズメ懐かしいです」などドラマを懐かしむ声も多く寄せられた。