梅宮アンナ、体調不良の17歳娘がMRI検査「人生は、いい事ばかりではない」

梅宮アンナ、娘の百々果さんがMRI検査を受けると明かす「人生いい事ばかりではない」

記事まとめ

  • 梅宮アンナが、体調不良で療養中の1人娘・百々果さんがMRI検査を受けると明かした
  • 難病の「ギランバレー症候群」の可能性もあったが、検査の結果で違うことが判明した
  • アンナは「人生いい事ばかりではない、強みはポジティブに考える事」と前向きな発言

梅宮アンナ、体調不良の17歳娘がMRI検査「人生は、いい事ばかりではない」

梅宮アンナ、体調不良の17歳娘がMRI検査「人生は、いい事ばかりではない」

インスタグラムより@annaumemiya

 タレントの梅宮アンナ(46)が5日、自身のインスタグラムを更新。体調不良で療養中の1人娘・百々果さん(17)が磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けることを明かした。

 2月にインスタで娘が入院していたことを明かし、「症状は、脚が痺れてしまっていて 身体に力がはいらなくて」「今は自宅にて療養しております」と報告していたアンナ。当初は難病の「ギランバレー症候群」の可能性もあったというが、検査の結果で違うことが判明したという。

 この日はうつむき加減の娘と自身の写真をアップし「朝8時半には、モモを連れて病院へ。今日は、身体のMRIになります」と報告。「毎日あちこち行ったりして、毎日色んな事が起こりますが、大丈夫です これが人生だと思うから」とつづり、「人生は、いい事ばかりではないからね。その時、どう解釈するか?強みはポジティブに考える事です。これがダメなら次!これもダメならまた違う道!ぽんぽんと、発想を変えないと、立ち止まって悩んだり泣いたりしている時間はないからさ」と前向きな思いをつづっていた。