「家売るオンナの逆襲」最終回に笹野高史&本田博太郎ゲスト出演 元マジシャングループの老兄弟演じる

笹野高史と本田博太郎が、北川景子主演「家売るオンナの逆襲」の最終回にゲスト出演

記事まとめ

  • 笹野高史と本田博太郎が13日に放送「家売るオンナの逆襲」最終回にゲスト出演する
  • 最終回では、万智(北川景子)と留守堂(松田翔太)の最終決戦の行方が描かれる
  • 笹野と本田は留守堂が買い占めようとする集合住宅の立ち退きに抵抗する老兄弟を演じる

「家売るオンナの逆襲」最終回に笹野高史&本田博太郎ゲスト出演 元マジシャングループの老兄弟演じる

「家売るオンナの逆襲」最終回に笹野高史&本田博太郎ゲスト出演 元マジシャングループの老兄弟演じる

笹野高史(左)と本田博太郎

 13日に放送される日本テレビ系ドラマ「家売るオンナの逆襲」(水曜・後10時)の最終回に、俳優・笹野高史(70)と俳優・本田博太郎(68)がゲスト出演する。

 「わたしに売れない家はありません」でお馴染みの天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子)が、家を売りまくりながら客の問題を解決していくドラマ。すでに舘ひろし(68)の特別出演が発表されていたが、笹野と本田のゲスト出演も発表された。

 2人が演じるのは、留守堂謙治(松田翔太)が買い占めようとする集合住宅の立ち退きに抵抗する老兄弟・藤見明(笹野高史)と譲(本田博太郎)。実は藤見兄弟は、昔一斉を風靡(ふうび)し、小学生の万智も大ファンだった大人気コミックマジシャングループ「マジック7」のメンバーだった。

 ある不幸な事故をきっかけに、解散に追い込まれた「マジック7」。その暗い過去に背を向け、このまま朽ち果てていきたいという藤見兄弟。万智は、2人の心を動かし、伝説のグループを復活させることで、危機に陥ったテーコー不動産新宿営業所を救おうとする。

 最終回では、「マジック7」の復活の是非と万智と留守堂の最終決戦の行方が描かれる。