政井マヤ、息子蹴った虐待母への「誤解を招く」発言を反省「母親の行為を容認しているかのように…」

政井マヤがTBS系「ビビット」での発言をブログで反省 子供を虐待する母親にコメント

記事まとめ

  • 政井マヤがTBS系「ビビット」での発言を「誤解を与えてしまうコメントだった」と説明
  • 子への暴行で逮捕された母親について「一生懸命育児してると思う」とし批判されていた
  • 「母親の行為を容認しているかのように受け取られた方もいて」とブログに反省を綴った

政井マヤ、息子蹴った虐待母への「誤解を招く」発言を反省「母親の行為を容認しているかのように…」

政井マヤ、息子蹴った虐待母への「誤解を招く」発言を反省「母親の行為を容認しているかのように…」

政井マヤ

 元フジテレビで現在フリーアナウンサーの政井マヤ(42)が13日までに自身のブログを更新。11日に生出演したTBS系「ビビット」(月〜金曜・前8時)での発言が「言葉が適切でなく、誤解を与えてしまうコメントだった」として、その真意を説明した。

 番組では、子供を蹴り上げたり、踏みつける暴行を加えた動画がSNS上で拡散され、母親が暴行容疑で逮捕された問題について特集した。

 コメンテーターとして出演した政井は「子供がかわいそうって気持ちと、母親の気持ちになるとものすごく苦しいものがあって」と切り出し、「母親が追いつめられてるんですよね、子どもに向いてしまう怒りをコントロールできない。こういうことはあってはならないことなんだけども、やってしまう母親をどう支えていくかとか、例えば同じような境遇の人と何か分かち合ったりして、こういうときにどうしたらいいのかってことをもっと素直に言えるような。まわりが犯罪者っていう風な目で見るんじゃなくて、過ちを犯してしまったけれども、一生懸命育児してると思うんですよね」とコメント。SNS上では「母親擁護ととれる」などと一部で批判の声が上がっていた。

 政井は12日深夜のブログで「月曜日のビビットでの私自身のコメントについて、反省をしています」とつづり、「話題は[子どもを虐待する母親の映像]でした。とても痛ましい光景に、私は『こういうことはありうるのでは』といったニュアンスで発言してしまいました。母親の行為を容認しているかのように受け取られた方もいて、たしかに誤解を招く言い方だったと思っています」と反省の弁を記述。

 「このニュースを見るお母さん達が『叱りすぎてしまった』『手を挙げてしまう』という悩みを外に出せなくなり、結果として孤立が深まり、虐待が増えるようにはならないで欲しい」「怪しいと思う場合はどんどん周囲が通報して、子どもを救って欲しいと思いますし、一方で虐待をしてしまった、してしまいそうな親への周囲のサポートを強くすることで、さらなる子どもへの虐待を防いで欲しいと言いたかったのでした」などと思いをつづり、「虐待を無くす為に、『特別』なことでなく、起こりうることとしての対処、理解という視点をお伝えしたかったのですが、言葉が適切でなく、誤解を与えてしまうコメントだったと思っています」と重ねて反省を強調していた。