桑田真澄さん次男・Matt、ついに「どすっぴん」ショットを公開…「自然美の頂点」と賛辞

元巨人・桑田真澄さんの次男であるMattがすっぴんを公開 「自分の顔を愛しています」

記事まとめ

  • 元巨人・桑田真澄さんの次男であるMattが「すっぴん」ショットを公開した
  • 「僕は“白人になりたい”とは一切思っておりません」と思いを主張している
  • さらに「僕は自分の顔を愛しています」ともコメントしている

桑田真澄さん次男・Matt、ついに「どすっぴん」ショットを公開…「自然美の頂点」と賛辞

桑田真澄さん次男・Matt、ついに「どすっぴん」ショットを公開…「自然美の頂点」と賛辞

インスタグラムより@mattkuwata_official2018

 元巨人投手・桑田真澄さん(50)の次男で音楽家のMatt(マット、24)が19日までに自身のインスタグラムを更新し、「すっぴん」ショットを公開した。

 Mattはストーリー機能を更新し、黒マスクをかけた自撮りショットをアップ。「整体行ってくる〜(どすっぴん)」とコメントをつけた。

 写真のMattはまゆ毛も薄く、カラコンやつけまつげなどのアイメークも施していないように見える。フォロワーからは「すっぴんのmattさんかっこよくて頭クラクラします」「自然美の頂天」とのコメントが寄せられた。

 Mattは14日までにストーリー機能に「ひとつ言わせてちょうだい」としてメッセージを投稿。「僕は“白人になりたい”とは一切思っておりません」とし、「アジア人の僕が思い描く“Matt”というイメージや僕なりの美学をこの顔(パレット)に描いているだけです」「僕は何通りもの自分とメイクを通して出会うことができます」と思いを主張した。

 そして「僕は自分の顔を愛しています。知り尽くしているからこそ最大の可能性を発揮できます」とづづり、「メイクを通して皆さんに伝えたいことは“表現の自由がある”ということ」と訴えていた。