上田まりえ、「5時夢」降板理由は「自律神経障害」 下ネタ嫌いは否定

上田まりえ「5時に夢中!」降板 「下ネタも大好物。番組が嫌になったわけでもない」

記事まとめ

  • 上田まりえのTOKYO MX「5時に夢中!」降板が決定した
  • 上田は文化放送の定例社長会見に出席、自律神経障害だと明かした
  • 原因について「下ネタも大好物。番組が嫌になったわけでもない」と話した

上田まりえ、「5時夢」降板理由は「自律神経障害」 下ネタ嫌いは否定

上田まりえ、「5時夢」降板理由は「自律神経障害」 下ネタ嫌いは否定

「自律神経障害」と診断されたことを告白した上田まりえ

 3月末で所属事務所を退社するタレントの上田まりえ(32)が19日、都内で行われた文化放送の定例社長会見にゲストとして出席した。レギュラー出演していたTOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜・後5時)を体調不良で休演し、降板が決定してから報道陣の前に姿を見せるのは初めて。

 会見場に現れた上田は、「ご覧のように元気にしています」とにっこり。「自律神経障害」と診断されたと明かし、「『5時に夢中!』のスタジオに入った瞬間だけ、右手に震えがかなり激しく出てしまう」と説明。原因について「下ネタも大好物。番組が嫌になったわけでもない」とし、不明とした。医師と事務所の判断で番組出演は控えており、「個人的にはものすごく悔しいし、出たい」と思いを吐露した。

 4月開始の文化放送「なな→きゅう」(月〜金曜・前7時)で、月〜木曜を上田、金曜は鈴木あきえ(31)がパーソナリティーを担当。同局で女性が“朝の顔”を務めるのは初めてで、「4月から元気な姿を皆さんに見せたい」と意気込んだ。