木村文乃、総額1億円超え「衣装代を聞いて尻込み」…25日フジ系「大奥」

木村文乃、総額1億円超え「衣装代を聞いて尻込み」…25日フジ系「大奥」

豪華衣装で会見に出席した(左から)鈴木保奈美、木村文乃、小池栄子

 女優の木村文乃(31)が20日、都内でフジテレビ系の主演ドラマ「大奥 最終章」(25日、後8時)の記者会見に出席した。これまでドラマ、映画で人気を博したシリーズの完結編。江戸時代に大奥で暮らす女性たちの日常が描かれる。木村は8代将軍・徳川吉宗の側室・久免(くめ)を演じる。

 フジテレビ開局60周年記念企画で衣装の総額は1億円超え。この日、木村と小池栄子(38)、鈴木保奈美(52)が衣装の着物姿で登場した。木村は「衣装代を聞いて尻込みしましたが、(将軍の娘役の)浜辺美波さんの掛けが1000万円と聞いて気持ちが軽くなりました」と苦笑い。6代将軍・家宣の妻・天英院役の鈴木は「袖を通すだけで本当に偉くなったような気持ちを呼び起こせますね」と堪能していた。