花田虎上氏、絶縁状態の弟・元貴乃花親方からの和解呼びかけに「私の願いは母がずっと大切に思っている弟と笑顔で逢えることです」

花田虎上、絶縁状態の弟・元貴乃花親方からの和解呼びかけに当惑「逢える日楽しみに」

記事まとめ

  • 元横綱・貴乃花の花田光司氏が、母・藤田紀子と兄・花田虎上と再会する意志を明かした
  • 花田虎上は「今後も会うことはないと言われていた」「急変した現状に当惑」と綴った
  • 「私の願いは母がずっと大切に思っている弟と笑顔で逢えることです」と花田虎上はいう

花田虎上氏、絶縁状態の弟・元貴乃花親方からの和解呼びかけに「私の願いは母がずっと大切に思っている弟と笑顔で逢えることです」

花田虎上氏、絶縁状態の弟・元貴乃花親方からの和解呼びかけに「私の願いは母がずっと大切に思っている弟と笑顔で逢えることです」

花田虎上氏

 元横綱の花田虎上氏(48)が20日、自身のブログを更新。弟で元横綱・貴乃花の花田光司氏(46)が同日放送の日テレ系「ザ・発言X〜人生をかけた勝負の1日SP」(後9時)に出演し、絶縁状態の母親でタレントの藤田紀子(71)と自身と再会する意志を明かした事への思いをつづった。

 花田氏は「いつか」と題したブログで「ほんの半年前まで私が出演する番組には写真は疎か名前を使うことさえできませんでした。ほんの三ヶ月前まで今後も会うことはないと言われていました」とした上で、弟が再会する意志を明かしたことに「そのような中、急変した現状に当惑しています。私は大人になって兄弟喧嘩をした覚えはありません。人との争いごとが苦手なのでこれまでの嵐のような状況にも受け身で過ごしてきました」とつづった。

 さらに「私の願いは、母がずっと大切に思っている弟と笑顔で逢えることです。これはそう遠くない現実だと感じ嬉しく思っています。ただ、絡み合った糸を解くにはまだ時間がかかりそうです。それぞれに精進して、いつか心交わす。そんな人生の後半が送れるようにと願います」と思いを明かし「私共の今後を温かく見守って頂けますようお願い申し上げます。いつか逢える日を楽しみに日々邁進して参ります」とつづっていた。

 元横綱・貴乃花の花田光司氏は、20日放送の同番組で第3の人生として「絵本作家」に挑戦することを発表。さらに自身の家族について語り始めた。

 「家族は原点。あったかいご飯も作ってくれてお母さんに対する感謝と。お父さんが生まれた時から夢を持って生きることの大切さを教えてくれたこと。一生忘れちゃいけないんだなと。それを改めて感謝に変えたいという思いを絵本にして、お子さんたちに届けばいいなと」と自身の家族を想い絵本の作成の挑んだという。

 そして「人生ももう46歳で、折り返し地点ではないかと思いますので。素直に元に帰れるようにしようと」と確執が伝えられていた家族との再会に言及した。

 昨年に相撲協会を退職し「一連の騒動でお母さんが(テレビに)出てくれるたびに『出なくていい。ボク一人で耐えられるから』っていう気持ちだった」と当時の心境を吐露した。さらに、母の唐揚げが大好きだったことを明かし「好物を聞かれて唐揚げって言いっていたのは、実はお母さんのことが好きですって意味なんです」と告白した。

 兄との思い出を聞かれると「入門してホームシックにかかっている時、隣で寝ていた兄から『大丈夫、大丈夫』って優しく声をかけてくれた」ことを挙げ、「心配性で常に私のそばにいて盾になろうとしてくれた。1人で入門していたら、ここまで来られなかった。ライバルというより兄弟という感じでやってきた」と感謝の言葉を述べた。

 家族については「一番辛かったのは父であり、母だったと思いますので。心一つになれればと思います」とし、これを機に母、兄と再会する気持ちがあるか問われると「まず気持ちを伝えて。これからゆっくり、のんびり、今まで出来なかった時代を過ごしていきたいなと思います」と話していた。