NGT48ファン暴行問題で会見 山口真帆は「納得していないと思う」卒業も検討

NGT48ファン暴行問題で会見 山口真帆は「納得していないと思う」卒業も検討

調査結果を発表した(左から)NGT・早川麻依子劇場支配人、AKS運営責任者・松村匠氏、NGT・岡田剛劇場副支配人

 NGT48の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男性から暴行を受けた事件について、運営会社のAKSが22日、新潟市内で会見。第三者委員会による調査結果を発表し「山口やご父兄の方に深い心の傷を負わせてしまった。深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 この日、出席したのは運営責任者の松村匠氏、NGT劇場支配人の早川麻依子氏。

 AKSでは事件の責任所在は運営側、メンバーの風紀の乱れは不問との報告書を21日に発表。メンバーや家族にも提出しているが、山口本人は「納得しているとは聞いていない」と溝は埋まっていないことを明かした。早川氏によると山口は「自分の言ったことが書かれていない」と漏らしており、現在、運営と卒業も視野に協議中。「NGTとしては戻ってほしい」と話した。

 報道陣からはプロデューサーの秋元康氏の反応も聞かれたが、松村氏は「憂慮されている。早く次の道に進めるようにと考えていると思う」と回答。「なぜこういう時に出てこないのか?」と聞かれると「NGTの運営はAKSが全面的に対応している。秋元氏はクリエイティブを担当している」と言うにとどめた。また今後、今村氏の報酬を30%カットする方針も明かした。