中居正広3年半ぶり出演の「ワイドナショー」8・6%の好視聴率 指原莉乃もNGT問題語る

中居正広3年半ぶり出演の「ワイドナショー」8・6%の好視聴率 指原莉乃もNGT問題語る

「ワイドナショー」MCの松本人志

 24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)の平均視聴率が8・6%だったことが25日分かった。

 今回はタレントの中居正広(46)が3年半ぶりにゲスト出演。4月28日にAKBグループから卒業するHKT48の指原莉乃(26)もNGT48問題について私見を語り、前回17日の7・6ポイントから1ポイントアップした。

 引退を表明したマリナーズのイチロー外野手(45)の特集ではジャニーズ事務所から引退し、事務所関連会社「ジャニーズアイランド」の代表取締役社長に就任した滝沢秀明氏(36)について話が及び、中居は「新しい誰もやったことないスタートを切るのは、勇気のいることでしょうけども、これは常識化されるんじゃないかなと思います」などと自身の見解を披露。

 また、指原は、NGT48の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男性から暴行を受けた事件について運営会社のAKSが22日に新潟市内で第三者委員会の調査報告書の説明会を行った問題について「会見を見ていて納得いかなくて。私の周りは何でこうなっているんだろうねって全員納得はしていないんですけど」などと胸の内を吐露した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)