ダレノガレ明美「SNSもフェアプレー」日本フェアプレイ大賞表彰式

ダレノガレ明美 SNSで炎上しがちも「スタッフさんにも"ありがとう"心がけている」

記事まとめ

  • ダレノガレ明美とペナルティが、「日本フェアプレイ大賞2019」表彰式に登場した
  • ダレノガレは自身のフェアプレーについて「スタッフさんにもありがとうと言う」と告白
  • ワッキーの「ガムを買ったらお金を払います」には、ヒデが「当然だろ!」とツッコんだ

ダレノガレ明美「SNSもフェアプレー」日本フェアプレイ大賞表彰式

ダレノガレ明美「SNSもフェアプレー」日本フェアプレイ大賞表彰式

会見した(左から)ダレノガレ明美、ヒデ、ワッキー

 モデルのダレノガレ明美(28)、お笑いコンビのペナルティが25日、東京・岸記念体育会館で「日本フェアプレイ大賞2019」表彰式にゲスト出演した。

 日本スポーツ協会が公募した約950点のフェアプレーエピソードから大賞と審査員特別賞を表彰。ダレノガレは中学時代にソフトボール部に所属、ペナルティはヒデ(47)、ワッキー(46)ともに千葉・市立船橋高校サッカー部出身と、スポーツに縁が深いことからプレゼンターとして参加した。

 ダレノガレは「私は奥にいるスタッフさんにもありがとうと言うように心がけてます」、ヒデも「誰かを傷つけるような笑いはやらないようにしています」と自身の“フェアプレー”を告白。ワッキーが「駅の売店でガムを買ったらお金を払います」と続くと、すかさずヒデから「当然だろ!」とツッコミが入った。

 ダレノガレはさらに「SNSで炎上しがちなんですけど、フェアプレーを意識してやっていきたい。炎上もするんですけどフォローしてくれる人もいて、最近はフェアなコメントも増えてきた」と笑顔を見せていた。

 大賞は福岡・飯塚市の小学6年生、井上史弥さんが、審査員特別賞は静岡・浜松市の中学3年生、鈴木梨乃さんが受賞した。