若狭勝弁護士、NGT暴行問題で第三者委が同席せず「説得力という点で大きな失点」

若狭勝弁護士、NGT暴行問題で第三者委が同席せず「説得力という点で大きな失点」

NGT48の山口真帆

 25日放送のフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜・前11時55分)では、NGT48の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男性から暴行を受けた事件について運営会社のAKSが22日に新潟市内で第三者委員会の調査報告書の説明会を行ったことを特集した。

 約3時間に及ぶ会見の途中、山口がツイッターを5度更新。「なんで嘘(うそ)ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」と異例の生反論をするなど、問題が深刻化している。山口と運営側の溝は、修復どころか深まっていることが浮き彫りになっており、今後について運営側は「戻ってほしい」と言及したが、脱退の可能性が浮上している。

 元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士(62)は会見について「第三者委員会の委員の人が同席しなかったのが、説得力という点で大きな失点にはなると思う」とした。また「警察とは違って強制力もないので、どうしても真相解明には限界がある。私も第三者委員会をやったことありますけれども、非常に力のなさというのを感じました」と自身の経験を踏まえ話した。

 さらに「特に今回、容疑者と被疑者とされていた人の事情聴取をしたいと言っても拒否されたんですね。これを聞かないことには、ほとんど真相の解明というのはできないと。そういう意味では今回の報告書というのは、始めから限界がある」と指摘した。