岡山天音、こけしにハマった?「自宅に4体あります」

「週休4日でお願いします」主演の岡山天音が、「こけしが自宅に4体あります」と発言

記事まとめ

  • 岡山天音が、主演するNHKドラマ「週休4日でお願いします」の取材会を行った
  • 岡山は、飯豊まりえ演じるパートの女性と交流し、生き方を見つめ直す社員役を演じる
  • 劇中にもこけしのシーンが多く登場し、岡山は「こけしが自宅に4体あります」と発言

岡山天音、こけしにハマった?「自宅に4体あります」

岡山天音、こけしにハマった?「自宅に4体あります」

飯豊まりえの代わりに置かれたこけしにマイクを差し出す岡山天音

 俳優の岡山天音(24)が25日、主演するNHKドラマ「週休4日でお願いします」(29日・後10時)の取材会を東京・渋谷の同局で行った。

 昨年度の「第42回創作テレビドラマ大賞」で大賞に輝いた石原理恵子さんの脚本の実写化。弁当店の正社員として働く高橋(岡山)が、週休4日を希望するパートの女性・青木(飯豊まりえ)との交流を通じて働き方や生き方を見つめ直していく。岡山は「忙しかったり、仕事がたくさんあるというのもそれはそれでステキなことだけど、ふと立ち止まってみるきっかけになればと思って演じました」と力を込めた。

 飯豊はこの日はスケジュールの都合で欠席したが、演じた役どころが大のこけしフリーク。劇中にもこけしのシーンが多く登場することから、会見場に置かれた巨大こけしを通じボイスメッセージが流されるシュールな展開に。そのたびマイクを差し出しフォローした岡山は「撮影に入るまでちゃんと見たことがなかったけど、表情やデザインが何から何まで違う。(撮影が)終わっていま、自宅の部屋にこけしが4体あります」とすっかり魅了された様子だった。