米倉涼子&加藤浩次「アベンジャーズ」完結に複雑 新シリーズは「農場」?

「アベンジャーズ/エンドゲーム」 吹き替えを務めた米倉涼子と加藤浩次が名残惜しむ

記事まとめ

  • 米倉涼子と加藤浩次が「アベンジャーズ/エンドゲーム」の勝利祈願イベントを行った
  • 2人は米人気ヒーロー映画シリーズの最新作で、完結編である同映画で吹き替えを務めた
  • 名残惜しい2人は続編を妄想し「アベンジャーズ・ファーム」との新シリーズを予想した

米倉涼子&加藤浩次「アベンジャーズ」完結に複雑 新シリーズは「農場」?

米倉涼子&加藤浩次「アベンジャーズ」完結に複雑 新シリーズは「農場」?

映画の勝利祈願を行った米倉涼子と加藤浩次

 女優の米倉涼子(43)と「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が11日、吹き替えを務めた米映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(26日公開)の勝利祈願イベントを東京・神田明神で行った。

 米人気ヒーロー映画シリーズの最新作であり完結編。前作で崩壊したアベンジャーズの再起、逆襲が描かれる。ブラック・ウィドウ役の声を担当している米倉は、祈願を受け「『勝守』も頂き、必ず勝てると思います!」と力強く宣言した。

 今作で完結を迎えることに対して、米倉が「終わりきれないですよね。たくさんのヒーローが集まって仲間も増えたのに…」と寂しさをにじませると、アライグマのロケット役の加藤も「桜が葉桜になるように、『アベンジャーズ』も終わる。複雑です」。名残惜しい2人はさらに、完結後の新シリーズについても妄想。加藤は「タイトルは『アベンジャーズ・ファーム』。戦いが終わって、全員で農場をやって幸せな時間を過ごすのはどうでしょう」と笑わせていた。