中村江里子「フランスでは妊婦さんは“弱者”」少子化の日本に意識改革を提言

元フジテレビアナの中村江里子が妊婦に対する日仏の違い綴る 「フランスでは弱者」

記事まとめ

  • 元フジテレビアナの中村江里子が妊婦に対する日仏の違いをブログに綴っている
  • 3人をパリで出産しており「フランスでは妊婦さんは”弱者”」と語った
  • 「育休なども法律で厳密に定められ、守られています」と説明している

中村江里子「フランスでは妊婦さんは“弱者”」少子化の日本に意識改革を提言

中村江里子「フランスでは妊婦さんは“弱者”」少子化の日本に意識改革を提言

中村江里子

 元フジテレビでフリーアナウンサーの中村江里子(50)が12日、自身のブログを更新。在住しているフランスで妊娠していた頃のエピソードを明かし、妊婦に対する日仏の違いについてつづった。

 2001年9月にフランスの実業家シャルル・エドワード・バルトさんと結婚し、3児の母となった中村。「先日、ネットのニュースを見ているときにふと目に入ったタイトルがありました」と切り出し、フランスの妊婦への対応についてまとめた記事を読んだことを報告。

 「私は3人をパリで出産してます。勿論、妊娠期のほとんどをパリで過ごしています。体調の良し悪しは別として、パリで妊婦さんになるとフランスの良いところが見えてくる!!なんてよく言っていたものでした。でもその理由について正直、ちゃんと調べたことはありませんでした。“そういうもの”だと思っていました。でもこの記事でそういうことかあと深く納得したのです」とし、「フランスでは妊婦さんは“弱者”ということになると法律で定められているのです。確かにいつの間にか罹ってしまっていた病気とは違います。でも妊婦さんはたとえ元気に仕事が出来ても…以前とは全く違う身体になっています。薬は飲めない、転んだら大変、食べ物だって気を付けなければならない、妊娠とともに出てくる病気もあります。もっといろいろあります。つまり…いつもの状態でないということで”弱者” 勿論、育休なども法律で厳密に定められ、守られています」と説明した。

 そして次女を妊娠中に銀行の窓口に並んでいた際、男性から順番を先に譲ってもらったエピソードを紹介。自動ドアがなくても「通りがかりの人がドアを開けてくれたり、支えてくれたり」とし、「私はフランス人の良さを妊娠中に随分と知ったとこれまでにも何度も言っているほどです。つまりは法律で“弱者”と定められていることによって、人々の意識が違うということなのではないでしょうか?」とつづった。

 その上で「日本でも少子化対策でいろいろな案が出ていますが、同時にというよりもっと大切なのは”意識”を変えることなのでは?」と記していた。