岸井ゆきの、ベトナムでタクシーにぼったくられるも「ドアマンが取り返してくれた」

岸井ゆきの、ベトナムでタクシーにぼったくられるも「ドアマンが取り返してくれた」

岸井ゆきの

 13日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)に、NHK朝ドラ「まんぷく」に出演していた女優・岸井ゆきの(27)が出演。人生初の1人旅で経験したエピソードを披露した。

 岸井が人生初の1人旅で行ったのはベトナム。その理由について岸井は「急なお休みだったのでまずビザなしで行けるところじゃなきゃいけなくて、でも英語聞きたいなって思って、そしたらベトナム」と説明した。

 MCの久本雅美(60)から「英語とか大丈夫でした?」と尋ねられると「全然しゃべれないですけど行ったらしゃべれる」と笑顔で語り、「雰囲気でしゃべれる」と度胸の良さをのぞかせた。

 現地での出会いについて聞かれると「美術館に行ったんですけど、1人旅している人がいて。1人だから矢印に向かっていくと周期が合っちゃって」と笑顔で話し、「それで1人だから写真を全然撮ってなくて自撮りも恥ずかしくて撮ってなかったので『写真撮ってください』って言って写真を撮ってもらってからずっと一緒に美術館をまわって」と楽しそうに振り返った。

 他にも現地の人に声をかけられてバイクでカフェまで連れて行ってもらったエピソードなども紹介。久本から「怖くないの?」と聞かれると「大丈夫。アンディー(美術館で一緒にまわった人物)もこの方(バイクでカフェまでつれてってくれた人物)も目が怪しくなかったです」と話した。

 一方でトラブルも。空港から出てタクシーを探していた岸井。「調べたらヴィナサンタクシーっていうのに乗らなきゃいけない。そのタクシー以外だとちょっと危ない。お金がちょっと跳ね上がるよって言われてて」と乗るタクシーを決めていたが、強引な勧誘にあいヴィナサンタクシーに似せた別のタクシーに乗ってしまったという。すると「なんか途中でずっとメーターが上がり続けてるなって思って。ヴィナサンタクシーじゃなくてヴィナタクシーだったんですよ、ただの」と話した。

 「それでぼったくられるなと思ってミラー越しににらんでたんですよ。そしたらその運転手の人も『ごめん』みたいな感じで、この人申し訳ないと思ってるんだと思って、家族とかがいて仕方なくこういう仕事をしてるのかなと思って」と推察。「申し訳ないんだったら私も初日だし気持ちよく私も始めたいから何も知らない振りをしてお金を払おう」と人の良さを出してしまったそう。「それで40万ドン、約2000円ぐらい取られちゃって」と振り返った岸井。実際は20万ドンでいける距離で約2倍ぼったくられ、ホテルのドアマンにも「払いすぎだね」と言われたという。

 だが、その後ホテルの部屋で身支度をしているとドアをノックする音が。「開けたらさっきのドアマンが20万ドン持ってて。ドアマンが取り返してくれたんです」と興奮気味に語り、「それからずっと良い旅でした」と満足げだった。